トヨタ

「走る楽しみ」を実現させてくれるアルファード

アルファード

トヨタアルファードが発売が新たにリリースされて、非常に人気を呼んでいます。

ミニバンブームが少しばかり静かになったのかも懸念されていたのですが、そのような憶測を吹き飛ばすがのごとく、販売が伸びているのとのこと。

最上級クラスは、かなり金額が上がってくるのですが、それでもオーダーをして、納車までに数ヶ月かかってしまう程の人気車です。

ゴージャス!

トヨタアルファードのコンセプトは「移動するゴージャスな空間」

そんなタイトルを冠にしても大袈裟ではないと思います。

とにかく車内空間が落ち着いています。エグゼティブラウンジシートとも銘打っていますが、その名の通りです。

選ばれた人だけが座ることを許されているような満足感に浸ることができるでしょう。それが一番の特徴です。

助手席もまるでファーストクラスに乗っている感覚とトヨタさんは言っていますが、実際に横に乗って走ると、言葉通りの感覚です。この間隔だとドライバーも休日に予定がなくても、アルファードでどこか走りに行きたくなるはずです。

 

最新技術が満載!

一方で、ドライビングアシスト機能も充実しています。

その一つが「透過表示映像」

ここまでボディが立派になると死角が生まれやすくなります。しかし、この機能で見えない箇所さえ透かして診えるので、安心な取り回しが可能なのです。

また、駐車についても同様です。駐車位置を決めておくことで、アルファードがオートで駐車をしてくれます。バックでの駐車が苦手な若い主婦や老年の方でも難なく操ることができるのです。

 

究極は「追従走行」です。

オートクルージングの最新型と言ってもいいでしょう。高速道路走行時出も前の車に反応してオートで走ってくれます。これらの機能は近未来で考えられているITCという自動運転の流れの中で発展してきたものです。

トヨタがカメラやセンサーの最新義術を駆使して実現したものですが、快適な走行だけでなく安心・安全を目指した結実の一つなのかもしれません。

 

他に気になるところは燃費性能です。これだけのボディになると、燃費が落ちるのではないかと感じてしまいがちですが、ハイブリット車では、17kmを超える燃費です。しかも、最近のトヨタ車はカタログデータより高い実績データを示すことも珍しくありません。その性能はもっと上の方にあるのかもしれません。

 

このように「走る楽しみ」を実現させてくれるアルファードは、初代のオーナーでも乗り換えで購入する人が絶えないということが聞こえてくるのですが、実際に乗ってみるとその気持ちがよく理解できます。

 

クルマを賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. ダイハツ

    ダイハツコペンは趣味に特化したクルマとして最高の相棒

    ダイハツ コペンは軽自動車として初めて電動油圧ポンプでハードト…

  2. セダン

    スポーツマインドを忘れたくない人にRX-8

    マツダ RX-8は2003年から2012年まで生産されていたス…

  3. トヨタ

    シエンタは荷室空間を有効活用したいファミリー層にお勧め

    トヨタ シエンタは2003年より販売されているサブコンパクトク…

  4. ダイハツ

    ダイハツムーヴはしっかりとしたハンドリングで小回りが効く

    軽自動車で人気のダイハツムーヴ安定した走行性能特徴としては…

  5. ボディタイプ別の車レビュー

    ミニバンハイブリッド車を断然おすすめする理由とは?

    ミニバンを購入するにあたって、正直おすすめするのは断然ハイブリ…

  6. コンパクトカー

    マーチは初心者の方におすすめな装備が充実しています

    日産の伝統のコンパクトカー「マーチ」は、2010年に登場した4…

PAGE TOP