コンパクトカー

どんなシチュエーションにも対応する車ホンダフィット

フィット

家で出かける前に、洋服などを選ぶ場合には、その時と場所と場合を考えて服を選びます。

つまり、TPOを考えて着る服を選びます。

たとえば、近所に出かける場合には普段着で出かけますが、レストランに行く場合には、ジャケットを羽織り、冠婚葬祭の場合には礼服を着るというようなTPOを服装では考えます。

しかし、車を選ぶ際、複数代所有する前提であれば、普段使いの車、趣味の車、遠出用の車など、選ぶことが出来ますが、駐車スペースなどを考えると一家に1台又は2台というのが一般的になってきます。

一台しかない車ではTPOを考えることが難しい場合がありますが、ホンダ・フィットであれば、どんなシチュエーションにも対応する車ですので、安心です。

 

たとえば、冠婚葬祭で親戚の葬式の場合、ホンダ・フィットは大衆車としての認識が強いことから、ボディーのカラーが赤や青の目立つ色であっても、小型車のフィットであればひんしゅくを買うことはありません。

家族4人が乗ってもスペースには余裕がありますし、親戚の田舎までの中距離を走る場合でも、1300CCか1500CCのエンジンを積載しているので、高速道路に乗っても安定感を失わず走ることが出来ます。

軽ではない小型車という特徴を活かしながら、畏まった席に出席する場合でも割る目立ちしないというのが、ホンダ・フィットの特徴です。

 

たとえば赤いスポーツカーや派手な色のセダン車、の場合にはそう敷居の場合には悪目立ちする場合があります。日本においては車においてもTPOを重んじることがあり、目立つ車で冠婚葬祭に出席すると、「あんな車で乗り付けて」というように、後々トラブルの種となりかねません。

ホンダ・フィットであれば、少々目立つ色でも大衆車で小型車から悪目立ちすることがなく葬式という畏まったシチュエーションでも親族などに白い目で見られることはありません。

 

また、帰省の場合でも同じです。

年に1回か2回しか逢わない遠い親戚に会うお盆休みと正月休みでは、車の話題は格好の話題になります。

大型や高級車、外車などを乗っていくと、親戚からは格好の標的になります。

車の性能はもちろん、支払いのローンの具合や、現在の収入など、高級車や目立つ車であるからこそ遠慮なく不躾に聞いてくる親戚も田舎の方では多く居ます。

 

フィットは、そういったターゲットにもなりにくい大衆車として、認識されており、親戚への話題を提供せずに済みます。それでいて、帰省の場合の大型の荷物も小型車とは思えない積載量で十分につむことが出来ます。

家族4人が乗ってもスペースは広く、ゆったりとした状態で乗ることが出来、軽自動車では実現できないスペースと、エンジンの馬力で安定した走行を可能にします。

 

このように、時と場所と場合を考えるTPOを考える場合にも、ホンダフィットは最適の車です。

日常使いから、遠出まで、すべての場合でこのフィット1台で適用できる車こそが、ホンダ・フィットの大きな魅力となっています。

関連記事

  1. コンパクトカー

    アクアに乗り換えて大正解でした。その理由を解説します。

    トヨタアクアに乗り換えて1年ほどになります。アクアは1…

  2. コンパクトカー

    マツダデミオはリーズナブルなのに高級感

    現行型のマツダデミオは旧型デミオと比較すると、全ての面において…

  3. コンパクトカー

    ノートはスカイラインをイメージしたもので日産の世界戦略車

    日産ノートは、日産自動車が製造するハッチバック型の自動車です。…

  4. ホンダ

    ホンダライフは街乗り程度であれば快適です

    今回は、ホンダ ライフについてご紹介します。主に紹介文…

  5. コンパクトカー

    パッソは小回りが効き大変に乗りやすいため買い物がしやすい

    私は以前軽自動車を利用していたのですが、交通事故にあった時に車…

  6. ホンダ

    オデッセイは乗用車感覚を大切にしているクルマ

    ホンダオデッセイは1994年に初代モデルが発売されミニバンブー…

PAGE TOP