SUV

アウトドアでも、街乗りでも両方楽しめるのが、SUV

SUVとは、Sports Utility Vehicleの略で、「スポーツ用多目的車」という意味になります。

つまり、スポーツアクティビティー(サーフィン、スキー、キャンプなど)を楽しむための車です。

特長としては、フレームの構造がトラックやバスなどに使われるH形(はしご形)のワゴンスタイルで、3ドアもしくは5ドアで、スライドドアはありません。タイヤが大きく、オフロードや悪路でもしっかり走行でき、4WDが主流です。

しかしながら、最近のSUVは、街乗りがメインに作られているものが多く、デザインも都会的で、2WDがメインに作られているものも多くあります。

 

SUVの代表車

ランドクルーザー

SUVの中で代表的な車としては、トヨタ「ランドクルーザー」「RAV4」、ニッサン「エクストレイル」、ホンダ「CR-V」スバル「フォレスター」などがイメージしやすいでしょう。

これらは、路面から車体底部までが高く、圧雪されていない路面や、舗装されていない道路で高い走行性能を発揮し、そのため車体が頑丈に作られています。

また、荷物がたくさん積めるので、アウトドア派にはピッタリの車と言えます。

ところが、最近のSUVのデザイン傾向として、乗り降りしやすい低床型が多くなってきており、上記の車とは違った、セダン並みの乗り心地を追求したタイプのものが多く出回っています。

アウトドアでも、街乗りでも両方楽しめるのが、SUV最大のメリットと言えます。

 

では、デメリットはなんでしょう。

1つは、車高があるので、小さなお子様や足が悪いお年寄りには乗り降りが少し大変です。また、その高さ故に、立体の駐車場に停められない場合もあります。

もう1つは燃費です。コンパクトカーやセダンと比べると、悪くなりますが、トヨタ「ハリアー」やホンダ「ヴェゼル」などハイブリッド車であれば、20~27km/Lのものもあります。

 

メリット、デメリットを紹介しましたが、最近のSUVは性能とデザイン性の幅が広く、オフロードを走れる本格的な仕様のものもあれば、ミニバンに近い3列目のシートがあるものや、街乗りをメインに考えられた低燃費のもの、5ナンバーサイズのものと、とにかく多様性があります。

価格も約200~400万円と決して安くはありませんが、自分が車に求める目的を明確にすれば、SUV選びは楽しくなります。

 

おすすめSUV

CX-5

そこで、総合的に考えておすすめなのは、トヨタ「ハリアー」とマツダ「CX-5」です。

ハリアーは、走りのパフォーマンスに加え、乗り心地が良く、なんといっても高級感あるインテリアが人気です。アウトドア派ではない方でも、快適に運転を楽しむ事ができます。

CX-5は、年代を選ばないオシャレなデザインと、クリーンディーゼル搭載で走行性能が高く、それでいて低燃費というのがお勧めポイントです。

ヴェゼル

また、お手頃な価格でお勧めなのは、ホンダ「ヴェゼル」です。

デザインがスポーティーで、ハイブリッド車が約250万円から、ガソリン車は、約200万円からあります。

関連記事

  1. ボディタイプ別の車レビュー

    使い勝手を考えると燃費も良いし税金や車検代も安い軽自動車

    私は、新車で購入し軽自動車を4年乗ってます。今まで、軽自動車2台と普通…

  2. セダン

    セダンは重心が低い位置にあるため安定した走りができます

    私はこれまでに、ミニバン、セダン、ワゴン車と乗り換えてきました…

  3. セダン

    セダンDセグメントは最も扱いやすいサイズで価格も手ごろ

    車にはいろいろな種類がありますが、もっともオーソドックスなのがセダンで…

  4. SUV

    ヴェゼルはコンパクトサイズSUVでスタイルの良いクルマ

    ホンダ ヴェゼルは3代目フィットをベースに開発されたコンパクト…

  5. セダン

    セダンの高速域までの安定感ときしみのない剛性感に魅了

    独身時代を含め、オープン・クーペ・ステーションワゴン・セダンと乗り継い…

  6. ボディタイプ別の車レビュー

    軽自動車のメリットとデメリット。活用シーン別のおすすめの車とは

    軽自動車は近年飛躍的な進歩を遂げています。もともとは鉄道等の公…

PAGE TOP