トヨタ

アルファードの居心地の良さは屈指のものです

アルファード

トヨタアルファードは大型のミニバン型高級車で初代モデルは2002年に登場しました。

それまでトヨタはハイエースをベースとした車種でライバルのエルグランドと争っていましたが、販売面でエルグランドに大きく差を付けられていたトヨタはネーミングを新たに「アルファード」と変更し、エルグランドと勝負が出来るクルマとして開発されました。

アルファードは日本国内専用の乗用車とすることで基本構成を大きく変更し、プラットフォームは2代目エスティマをベースとして横置きエンジンのFF車となっています。

モダンな内装のエルグランドに対して、アルファードは日本人好みの木目調を多用した豪華な内装を採用しており、大型ミニバン市場においてエルグランドと人気を二分する存在となりました。

 

2008年に2代目モデルが登場しましたが、大ヒットした初代モデルと同様に3代目エスティマと共通のシャーシを使用しています。

しかし、アルファードはエスティマよりも上級車種ということを明確化する為、グレード構成が3500㏄の上級モデルを重視しています。

初代モデルで打ち出した日本人好みの高級車というコンセプトを引き継いだ2代目モデルは、一見してアルファードと分かる押出しの強いフロントグリルと、更に磨きをかけて高級感を底上げした内装によって、初代モデルと同様に大ヒットしました。

 

そして2015年に登場した3代目モデルとなるアルファードは、ミニバンとしてではなく大空間高級サルーンとして開発がされました。外観も2代目以上に大型でメッキ加飾されたフロントグリルを採用し、塊感のある力強いスタイリングへと変貌を遂げています。

内装もグレードによって大きく変化を付けており、茶木目調は杢柄の間に金属的な輝きを持たせて深みを表現し、黒木目調の方にはホログラム層を下地に採用し杢柄をダークカラーで表現されています。

またミニバンの弱点といわれる走りの面も、低床化によって重心を下げることに成功し後輪のサスペンションにはダブルウイッシュボーン式が採用されるなど大きく改善が行われています。

 

アルファードは代を重ねる毎に高級感が増しており、ライバルのエルグランドと共に大型高級ミニバンというジャンルを日本に根付かせた存在と言えます。

一度、実車に乗ってみると何故アルファードが売れているのかが一目で分かる程、明快に提示された高級感は安心感があり、居心地の良さは屈指のものとなっています。是非ともアルファードに触れてみて感じて欲しいと思います。

関連記事

  1. トヨタ

    トヨタアルファードはミニバンではなく高級車!

    トヨタアルファードは兄弟車のヴェルファイアと共にトヨタの最上級…

  2. コンパクトカー

    パッソは小回りが効き大変に乗りやすいため買い物がしやすい

    私は以前軽自動車を利用していたのですが、交通事故にあった時に車…

  3. セダン

    プリウスはトヨタの最新技術を惜しみなく投入した環境対策の象徴

    トヨタプリウスは世界で初めて量産化に成功したハイブリッド専用車…

  4. コンパクトカー

    「高速でも疲れなかった」この言葉がパッソの良さを証明

    先月に家内の実家の母が購入したのがトヨタのパッソです。…

  5. ホンダ

    オデッセイで一番良かったのは最後列がほぼ水平に倒せること

    ホンダオデッセイに乗っています。18年式後期アブソルー…

  6. SUV

    ランドクルーザーはリセールバリューが非常に高い点も魅力的

    「クラウン」や「プリウス」のように「ランドクルーザー」の名前も…

PAGE TOP