トヨタ

ウィッシュはミニバンの中でも優れたコストパフォーマンス

ウィッシュ

トヨタネッツ店で販売されているウィッシュですが、数あるミニバンタイプの車の中でもコストパフォーマンスに優れている車種です。

基本スペックは1800ccクラスと2000ccクラスが用意されていますが、人気という面でも実用性という面でも1800ccが人気です。

駆動系もFFと4WDがあり、グレードもスポーツ系からファミリー向けまでそろっています。

 

ウィッシュのグレードの違い

主なグレードは2.0Z、1.8S、1.8A、1.8G、1.8Xがあり1800ccクラスでは1.8Sが最も価格が高く1.8Xが最も安く設定されています。

グレードの違いと購入目的別で考えるのであれば、足回りは1.8Gと1.8Sはアルミホイールに対して1.8Aと1.8Xはスチールホイールになっています。

車内での大きな違いは、1.8Gと1.8Sはステアリングが本革に対し1.8Aと1.8Xはウレタンになっています。

メーターは1.8G以外はアナログメーターになっていますが、1.8G、2.0Zはオプティトロンコンビネーションメーターを搭載していて、これはメーター周囲にメッキングがされていて立体型の文字盤になっていて高級感という面で優れていると言えます。

1.8Sではアナログメーターながらもスポーティ感を出した仕様になっていて1.8Aと1.8Xとの差があります。

 

グレード的な人気は、1.8S、1.8X、2.0Zあたりが人気になっています。

ボディーカラーはメーカーオプションを含めて8種類用意されています。

人気ではホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、シルバーメタリックあたりが人気のカラーになっています。

 

車種選定の時に比較になるのは、同じネッツ店だと1500ccのシエンタやサイズが大きくなりますが、ヴォクシーや高級感のあるプリウスアルファあたりが車種の比較になるようです。

価格面だけで考えると発売時期や値引きにもよりますが、ウィッシュかシエンタになるのでしょうが、ヴォクシーやプリウスアルファはランクが上になるのでおそらくはシエンタが最も比較の車種になると思います。

ウィッシュもシエンタも最大で7人乗りでありながら排気量が1800ccと1500ccという設定がうれしい面だと思います。

どちらが良いかというと好みにもよりますが、あくまでも6人以上で乗った時の感覚で言えばあきらかにウィッシュの方がコストパフォーマンスに優れていると言えると思います。

 

4人以下でしか乗らないしシエンタにこだわらないというのであれば、アクアや低価格で最もコストパフォーマンスに優れていると思われるヴィッツなどもあります。

5人~7人という人数で乗るのであれば金銭面、居住性、馬力などを考慮するとコストパフォーマンスに優れた車だと思います。

 

ウィッシュに賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. トヨタ

    トヨタアイシスは約12年を超えるロングライフのベストセラー

    トヨタ自動車のミニバン「アイシス」は、2004年にデビューして…

  2. SUV

    フォレスターは高い走行性能と安全に対する先進システム

    フォレスターはスバルのクロスオーバーSUVで、ラダーフレームで…

  3. ステーションワゴン

    カローラフィールダーは中古市場でも手頃な値段で買える車

    トヨタのカローラフィールダーは、トヨタが販売しているステーショ…

  4. BMW

    ありきたりのクルマに飽きたという方にこそBMW3シリーズ

    BMWのBMW3シリーズはBMWの中核を担う主力モデルで、名車…

  5. ホンダ

    ホンダライフに乗り続けての評価をまとめました

    ホンダのライフに乗っていました。平成17年式だったと思います。…

  6. スズキ

    まさに「走る」ためだけに生まれ変わったアルトワークス

    スズキの伝統の軽自動車、アルトに、遂に伝説のモデル「アルトワー…

PAGE TOP