ステーションワゴン

カローラフィールダーは中古市場でも手頃な値段で買える車

カローラフィールダー

トヨタのカローラフィールダーは、トヨタが販売しているステーションワゴンタイプの乗用車です。

ステーションワゴンというジャンルは、いまではあまり人気のジャンルではなくなってしまいましたが、現在でも一定の需要を確保しています。

カローラフィールダーは、以前はカローラバンという商用車でしたが、2000年ごろから、一般の人の使用を想定した車として新しく発売されました。

カローラというと、以前は安物の大衆車というイメージがありましたが、現在のカローラは、かなり質感が上がっていると思います。

 

まずは、居住性ですが、ホイールベースがそこそこ長く、後部座席の居住性もかなり快適であると思います。

大人4名乗車でも、窮屈ということはありません。また、運転席は座面が上下に動かせる機能もあり、適切な位置に調整することができます。

また、ラゲッジスペースについても、十分な広さが確保されています。後部座席を倒すと、広大な空間が広がるようになっており、沢山の荷物を運ぶときには重宝するのではないかと思います。

 

次に運動性能ですが、この車には1.5リッター、1.8リッター、ハイブリッドのモデルが有ります。

基本的には、1.5リッターでもパワー不足を感じることはありません。ただし、燃費を良くするために、加速が弱めの傾向があります。

走る、曲がるといった基本的な性能は、特に問題の無いレベルに仕上がっているのではないかと思います。

また、ボディサイズが5ナンバーでコンパクトにできているため、小回りがきいて、運転しやすい車だと思います。

狭い道などでも、運転が上手でない人でも運転できると思います。

 

新車価格も100万円台後半からであり、中古市場でも手頃な値段で買える車なのではないかと思います。

また、車重が軽く、車高が低いため、ガソリンタイプでも燃費もかなりいい車で、購入後の維持費もそれほどかからない、お財布に優しい車といえるのではないかと思います。

ハイブリッドモデルであれば、購入時の金額は高くなりますが、購入後はガソリン代を大きく減らす事ができます。

日常の足として使うには、とても便利な車で、故障も少なく、適切にメンテナンスをしていけば、長く乗っていくことができるのではないかと思います。

また、6、7人で車に乗ることが少ないのであれば、ミニバンよりも、こういったステーションワゴンのほうが、維持費もかからず、よりベターな選択肢になるのではないかと思います。

関連記事

  1. トヨタ

    トヨタヴォクシーの力強いフロントフェイスに憧れる

    トヨタヴォクシーは兄弟車のノアと並んでトヨタのミニバンの中核を…

  2. コンパクトカー

    ラクティスは、スマートでスタイリッシュなエクステリア

    トヨタ自動車のコンパクトなトールワゴン「ラクティス」は、それま…

  3. ステーションワゴン

    中古車市場でしか買えないレガシィツーリングワゴンの魅力とは

    2014年の「レヴォーグ」デビューとともに、レオーネ時代から続…

  4. コンパクトカー

    ヴィッツは街中でもゆとりの走りを実現しています

    1999年にそれまでのスターレットに代わって華々しくデビューし…

  5. トヨタ

    アイシスは小さなお子様が居られる家庭にとって力強い味方

    トヨタアイシスは現在販売されているミニバンとしては珍しく左右ア…

PAGE TOP