セダン

クラウンはトヨタを代表する高級車で人気があります

クラウンアスリート

クラウンはトヨタを代表する高級車でとても人気がある車です。

クラウンをずっと乗り継いでいる人もいるくらい、伝統的な車ですが、現在クラウンには「ロイヤル」「アスリート」、「マジェスタ」の3種類があります。

 

ロイヤルとアスリートは同じボディでエクステリアデザインとサスペンションの硬さが違います。

アスリートは硬めでスポーティな乗り味が特徴ですが、ロイヤルはサスペンションが柔らかめで、しっとりとした乗り味が特徴です。

そんなロイヤルとアスリートの売れ筋はハイブリッドです。これは直4・2・2.5リッターエンジンにモーターが付いているモデルで燃費も良く静かでとても定評があるグレードです。

 

一方、マジェスタはボディサイズが大きく主に運転手付で乗る車です。

後席が広く乗り心地も良く、とても上質な車なのが特徴です。マジェスタはV6・3.5リッターエンジンのハイブリッドでパワフルで音も静かなのが特徴です。

 

そして昨年クラウンに追加されたのが、直4・2リッターターボエンジンです。

ヨーロッパではダウンサイジングターボエンジンは主流で、BMWやメルセデスベンツ、アウディなどはほとんどがこのターボエンジンになっていますが、国産車は遅れていました。

そんなトヨタにもこのダウンサイジングエンジンが搭載されました。このエンジンには8速ATが搭載されさらに燃費性能が向上しています。

 

運転してみるとかなりパワフルな事が分かります。

ターボエンジンですので、低回転からトルクが出てとても運転しやすいのが特徴です。またATもどんどんシフトアップしていきますが、アクセルをグッと踏み込むと、瞬間にシフトダウンしてエンジン回転が一気に上がりかなり扱いやすいエンジンです。

自然吸気に比べると、高回転域までスムーズに回るという感じではありませんが、普通に走る程度なら全く問題ないと思います。

このターボエンジンはハイブリッドエンジンよりもパワー的には若干おとり、燃費も悪いですが価格は約30万円安いのでお買い得です。ハイブリッドはあまり好きではないという人にはオススメの車だと思います。

 

ハンドリングもしっかりしていますので、ワインディングロードなどをペースよく走ることもできて、運転がけっこう楽しいと思います。

このエンジンはレクサスISにも搭載されています。

ISはクラウンよりもサスペンションが硬めでさらにスポーティな車ですが、両方試乗して試してみてください。

関連記事

  1. コンパクトカー

    トヨタbBはコンパクトカーなのに室内が広く使い勝手がいい

    トヨタbBは、初代モデルが2000年に発売され、現行の2代目が…

  2. コンパクトカー

    ヴィッツは街中でもゆとりの走りを実現しています

    1999年にそれまでのスターレットに代わって華々しくデビューし…

  3. セダン

    走る楽しさを求められる方にアテンザはお勧め

    マツダ アテンザはカペラの実質的な後継車として2002年に発売…

  4. セダン

    セダンは古いと思われがちですが、かなりメリットも大きい車

    セダンは古い、と思われがちですが、かなりメリットも大きい車。乗…

  5. コンパクトカー

    アクアに乗り換えて大正解でした。その理由を解説します。

    トヨタアクアに乗り換えて1年ほどになります。アクアは1…

  6. コンパクトカー

    トヨタアクアは低価格でありながら高い燃費性能

    トヨタアクアはコンパクトカークラスで唯一のハイブリッド専用車と…

PAGE TOP