ステーションワゴン

スバルレヴォーグは安全性の高いスポーティーな走り

レヴォーグ

スバル レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継として日本市場向けに誕生したモデルです。

ボディサイズが日本の交通事情に合わせる為、代を重ねるごとに大きくなったレガシィツーリングワゴンよりもサイズが縮小されており、基本設計は4代目インプレッサをベースとすることで、同時開発による経営資源の効率化が図られています。

 

基本メカニズムに関してエンジンは1600㏄と2000㏄の直噴ターボが採用されており、1600㏄に関しては新開発の小排気量直噴ターボエンジンが搭載されており、小排気量ながら170馬力と高い動力性能を誇っています。

2000㏄に関しては5代目後期型レガシィ―に搭載されていたエンジンが継続採用されています。

こられのエンジンに組み合わされるトランスミッションには全車リニアトロニックが用意されており、レヴォーグ用に専用チューニングを施すことで効率を高めていて燃費性能の向上に一役買っています。特に300馬力を誇る2000㏄モデルには「スポーツリニアトロニック」が搭載されていて、マニュアルモード時の変速速度の向上などスポーティーな味付けがされています。

 

そしてパワートレインにはスバルが誇る技術であるシンメトリカルAWDが全車に採用されています。

シンメトリカルAWDとは水平対向エンジンを軸に駆動システムが左右対称にレイアウトされており、高速走行や濡れた路面、雪道など、あらゆるシーンでも安定した走行を実現する技術なのです。

また、安全性能に関してもレヴォーグは突出した性能を誇っています。

スバル独自のステレオカメラによって前方の障害物を検知して自動ブレーキをかけるプリクラッシュセーフティ―と、前車追従型クルーズコントロールを組み合わせた運転支援システムのアイサイトを初め、他にも操舵支援機能の「アクティブレーンキープ」、誤発進抑制機能など様々な機能が用意されており、自動車事故対策機構と国土交通省が実施した予防安全性能アセスメントでも最高点を獲得しています。

 

レヴォーグはスバルの看板モデル呼べるレガシィーツーリングワゴンの後継車として相応しい性能を有したクルマです。

剛性感の高いボディ引き締まった足まわりの組み合わせのバランスが良く、スポーティーな走りはもちろん日常走行でも落ち着いた走りをみせてくれます。

ツーリングワゴンということで十分な積載性があり、安全性の高くスポーティーな走りも可能ということで、クルマとしての基本性能が高いレヴォーグはあらゆる人にお勧め出来る秀逸なクルマだと思います。

 

クルマを賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. トヨタ

    ウィッシュは10年以上乗り続けても問題がないと思います

    今年の3月に購入したトヨタのウィッシュですが、久しぶりに満足の…

  2. トヨタ

    トヨタエスティマはあらゆるシーンで使えます。そのわけは?

    トヨタの数あるミニバンのひとつ「エスティマ」は、「天才タマゴ」…

  3. ダイハツ

    ダイハツキャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」

    ダイハツ キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプ…

  4. コンパクトカー

    キューブは燃費性能が非常に優れていることを痛感

    私は日産キューブ(ライダー)に買い替えました。元々は軽…

  5. コンパクトカー

    トヨタスペイドは実用性に特化したコンパクトカー

    トヨタスペイドは2011年に生産が終了した4ドアトールワゴンの…

  6. コンパクトカー

    日産ノートの乗り心地は?

    今年の初めに、日産ノートを買いました。それまでは軽自動…

PAGE TOP