ダイハツ

ダイハツのタントの特徴は大きく3つ挙げられます

タント

車の買い替えを検討中の人に、ダイハツのタントをお勧めします。

軽自動車はどうなのか、と思う人も多いと思います。確かに排気量は小さいし、4人乗りだし、短所も多いと思います。しかし、今の軽自動車は室内空間は広く作られており、維持費も安く済むので長所もあります。

 

ダイハツのタントの特徴は大きく3つ挙げられます。

1番大きな特徴はやはり「ミラクルオープンドア」です。

両側がスライドドアになっているので、荷物の出し入れが楽です。

大きな荷物も余裕を持って積むことがでできます。助手席とスライドドアを開ければ、開口幅は1,490㎜にもなります。ベビーカーや27インチの自転車など大きな荷物も、後ろからではなく横から乗せることができます。

また、傘をさしたまま後部座席に乗ることができる点も素晴らしいです。

ミラクルオープンドアになることで、ピラーがないのは不安という方もいますが、フロントドアとリヤスライドドアに超高張力鋼板を使用したピラーが内蔵されているので、強度は確かなものとなっています。

2つめは、「衝突回避支援システム」が優れているところです。

衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発信抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能を装備しています。

3つめは、そのカラーバリエーションです。

気に入った形の車でも、自分好みの色がないということもありますが、タントではそのようなことはありません。

 

低燃費

また「低燃費」もタントのウリとなっています。

28.0㎞/ℓとなっており、環境にもお財布にも優しくなっています。

その他にも、痒い所に手が届くのがタントです。

リアウィンドウにはロールサンシェードが標準装備されていたり、収納スペースが多く確保されていたり、サイドアンダーミラーがついていたり、至れり尽くせりです。

また、フロントシートはベンチシートとなっており、ゆったりと座って運転できます。

 

タントカスタム

タントカスタム

タントと言えば、可愛いフォルムで女性向けのイメージですが、男性にお勧めなのは「タントカスタム」です。

タントはカラーバリエーションも女性が好きそうな明るい色になっていますが、カスタムの場合カラーバリエーションは渋めになっています。

また、内装もタントが白ベースであるのに対し、カスタムの場合黒ベースとなっています。

見た目もスタイリッシュになっており、男性が気兼ねなく乗ることができます。

運転する人と乗る人のことをとことん考えて作った車、タント、お勧めです。

関連記事

  1. ステーションワゴン

    初代デミオはステーションワゴンとミニバンの利点を融合

    マツダの人気コンパクトカー「デミオ」。現行モデルは走り…

  2. トヨタ

    トヨタエスティマはあらゆるシーンで使えます。そのわけは?

    トヨタの数あるミニバンのひとつ「エスティマ」は、「天才タマゴ」…

  3. トヨタ

    ヴェルファイアはなんといってもやはりあの高級感

    トヨタ ヴェルファイアについて紹介と私の個人的な意見や感想をお…

  4. ダイハツ

    ダイハツキャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」

    ダイハツ キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプ…

  5. SUV

    エキサイティングな日常を与えてくれるエクストレイル

    日産エクストレイル、というと現在人気のSUVの中でも、アウトド…

  6. ボディタイプ別の車レビュー

    軽自動車の魅力はなんといっても維持コストが安いこと

    日本で一番売れている軽自動車、魅力はなんといっても維持コストが…

PAGE TOP