ダイハツ

ダイハツキャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」

キャストアクティバ

ダイハツ キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発された軽トールワゴンと軽クロスオーバーSUVです。

キャストには世界観の異なる3種類のバリエーションが用意されており、「ミラ ジーノ」の流れを汲みメッキ加飾を施すことでレトロ調セダンをモチーフにした軽トールワゴンの「キャスト スタイル」、エアロバンパーや常時点灯LEDフロントイルミネーション、専用のサスペンションチューニングが施されたスポーツテイストの「キャスト スポーツ」、下回りをプロテクトする樹脂ガ-ニッシュの採用や、15インチタイヤやサスペンションの変更によって最低地上高を引き上げたクロスオーバーSUVテイストの「キャスト アクティバ」に分かれています。

 

キャストのプラットフォームには6代目ムーヴに採用された軽量高剛性ボディの「Dモノコック」をはじめ、「Dサスペンション」や「Dアシスト」を採用することで高い操縦安定性が確保されています。

エンジンには658㏄直列3気筒DOHCと658㏄直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボが用意されており、自然吸気の2WD車では「平成32年度燃費基準+20%」、自然吸気の4WD車及びアクティバとスタイルのターボ2WD車は「平成32年度燃費基準+10%」、アクティバとスタイルのターボ4WD車とスポーツは「平成32年度燃費基準」をクリアしています。

またキャストは安全性にも強く力が入れられていてカメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーを組み合わせることにより、前方の障害物と衝突の危険性が高まった時には緊急ブレーキを作動させることで危険回避をする他、歩行者の検知や車線の逸脱の警報、誤発進抑制機能をまとめた「スマートアシスト2」をほぼ全車に標準装備しています。

 

キャストは1車種で全く異なるタイプのキャラクターを揃えている点が特徴で、アウトドアや雪道を走行するなどアクティブな使い方をされる方には「アクティバ」を、スポーティーな走りを楽しみたい方には「スポーツ」、クラシカルな雰囲気を纏った上質なクルマを考えられている方には「スタイル」といったように使う人によってクルマのキャラクターは変わりますが、クルマとして重要となる基本性能は共通しており軽自動車として最高クラスの性能を誇っています。

オーナーの生活スタイルにクルマを合せることで豊かに彩ってくれるキャストですが、1度実車をみてキャラクターの違いを比べてみて下さい。

 

クルマを賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. ミニバン

    日産エルグランドは高級感と共に凄味が増しています

    日産エルグランドはライバルのトヨタ・アルファード&ヴェルファイ…

  2. スズキ

    新型アルトは当然ながら燃費を重視する方にお勧めできるクルマ

    スズキアルトは2014年に8代目へとフルモデルチェンジを行った…

  3. コンパクトカー

    ザ・ビートルは一目ぼれで即決しまっても問題の無いクルマ

    フォルクスワーゲン ザ・ビートルは2012年から販売が開始され…

  4. ステーションワゴン

    中古車市場でしか買えないレガシィツーリングワゴンの魅力とは

    2014年の「レヴォーグ」デビューとともに、レオーネ時代から続…

  5. コンパクトカー

    自動車に関する税を少しでも軽減したいならホンダフィット

    最近では道路をハイブリッド車が走行しているのをよく見かけます。…

  6. スズキ

    まさに「走る」ためだけに生まれ変わったアルトワークス

    スズキの伝統の軽自動車、アルトに、遂に伝説のモデル「アルトワー…

PAGE TOP