ダイハツ

ダイハツコペンは趣味に特化したクルマとして最高の相棒

コペン

ダイハツ コペンは軽自動車として初めて電動油圧ポンプでハードトップが開閉するオープンカーです。

このコペンの名も「軽オープン」から「KOPEN」と名付けられ、後にKをコンパクトカーのCへと変更されて「COPEN」とされたのです。

コペン最大の特徴のルーフシステムはOASys社の手によるもので、開閉所要時間は約20秒でリアのトランクルーム内に格納されます。

初代モデルは2002年に登場し、エンジンは直列4気筒DOHCツインスクロールターボエンジンが搭載され、トランスミッションにはスーパーアクティブシフト付4速ATと5速MTが用意されています。

また、上記のように電動油圧ポンプにより開閉式のルーフを持つ「アクティブトップ」の他にも、屋根の部分を脱着可能な樹脂製ルーフにすることで30㎏もの軽量化がされた「ディタッチャブルトップ」が用意されていました。

 

初代モデルは10年以上に渡って販売されていましたが2012年8月に生産が終了し、9月には販売も終了しました。

生産終了から1年10カ月が過ぎた2014年にコペンはフルモデルチェンジが発表され2代目へとバトンタッチしました。

2代目モデルでは新たに「D-Frame」と呼ばれる骨格構造と「Dress-Formation」と呼ばれる脱着構造が大きな特徴です。

D-Frameとはフロント・サイド・リア・フロアといった構造を切れ目なく繋ぐことで、フレームの剛性を大幅に高めています。

この構造によってオープンカーでは不足がちになるボディ剛性を確保しています。D-Frameの採用によってボディ剛性が強化されたことに伴い、ボディ外板の一部を樹脂化して脱着可能な構造としています。

これをDress-Formationと呼び、車両購入後でもユーザーの好きな時に樹脂外板11パーツとヘッドライト・リアコンビランプを販売店で着せ替えすることが可能となっています。

エンジンもDVVTを採用した直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボへと変更され、マニュアルミッションは5速のまま変更なしですが、4速ATは7速スーパーアクティブシフト付CVTへと進化しています。

 

軽自動車にクーペ・カブリオレという新たなジャンルを持ち込んだ初代コペンは、熟成を重ねることで人気モデルへと成長しました。

確かにオープンにするとトランクルームは格納した屋根で一杯となり、トランクルームとして使えなくなるなどコンパクトな軽自動車故の不便さもありますが、オープンエア時の解放感とクーペにした際の快適な空調を実現したコペンは稀有な存在です。

更に2代目では外装を変化させることで自分だけのコペンを作ることも可能となっていて趣味に特化したクルマとして最高の相棒と思います。

 

クルマを賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. スズキ

    スズキハスラーのトータル評価は5点満点の4.5点を付けたい

    2015年式スズキハスラー(MR31S)、赤・黒ツートン、ター…

  2. スズキ

    スズキラパンはキュートな若い女性がメインターゲット

    スズキの軽自動車「ラパン」は、2002年にデビューした初代から…

  3. ミニバン

    エルグランドで大切なゲストをおもてなし

    日産エルグランドは最上級クラスのミニバンとして販売されているク…

  4. コンパクトカー

    デミオの特徴はディーゼルエンジンを採用したコンパクトカー

    マツダデミオはマツダ2の名称で欧州や北米でも販売がされているコ…

  5. ダイハツ

    ダイハツのタントの特徴は大きく3つ挙げられます

    車の買い替えを検討中の人に、ダイハツのタントをお勧めします。…

  6. メーカー別の車レビュー

    普通自動より軽自動車の方が得している気分になれました

    主人はトヨタマークX、私はスズキワゴンR、母はトヨタパッソに乗…

PAGE TOP