コンパクトカー

コンパクトカーとしての完成度が非常に高いトヨタアクア

アクア

コンパクトカーは日常での使い勝手を最優先に考えられて作られているクルマです。

それはサイズにも表れていて、主に5ナンバーサイズの枠内に収まるサイズに抑えられているので、狭い路地を走る際にも大きなクルマと比較して取り回しに気を遣うこともありません。

そしてサイズは小さいですが様々な工夫が凝らされており積載性は高い点が特徴です。

また、コンパクトカーは排気量が1600㏄程度に抑えられており経済性が高いので、通勤や買い物など毎日のようにクルマを使用する方にうってつけとなっています。

コンパクトカーのメリットは上記に挙げたコンパクトなボディにより取り回しの良さや高い経済性です。

そしてデメリットを挙げるならばサイズが小さいので長距離移動が不向きな点にあります。それはコンパクトであるが故に大型車と比較して車体の直進安定性が低く、エンジンの余力も少ないからです。

その為、長距離移動後の疲れが大きくなってしまうのです。

 

今コンパクトカーに乗り換えるのでしたら、トヨタのアクアをお勧めします。

アクアはトヨタのコンパクトカーの中で唯一のハイブリッド専用車となっていて、外観はプリウスで採用されている「トライアングル・シルエット」が使われており高い空力性能を有しています。

またハイブリッドシステムもプリウスと同等の機能を有する「リダレクション機構付THS-2」を搭載しているので、燃費性能がガソリンエンジン車としては驚きの37.0km/Lとなっています。

この燃費性能の高さは高頻度でクルマを使われる方には燃料代節約の他にも、ガソリンスタンドへ給油に行く回数も減らすことが出来ます。

また、ハイブリッドモデルなので重量の重い駆動用バッテリーが積まれているのですが、車体全体の重量バランスの最適化を考えられており、FF車の弱点であるリアタイヤの接地性を高めているので同クラスのコンパクトカーの中でも高い直進性能と運動性能を誇っています。

 

アクアはコンパクトカーの長所である経済性を高めていながら、弱点である直進性の改善を行っているクルマとなっておりコンパクトカーとしての完成度が非常に高くなっています。

その為、普段の足変わりとして以外にもアクアはファーストカーとして十分に使える性能を有しており、そのスポーティーで流麗なデザインはコンパクトカーのチープな印象を払拭しているので老若男女を問わず長く乗って頂ける満足度の高いクルマだと思います。

関連記事

  1. コンパクトカー

    トヨタbBはコンパクトカーなのに室内が広く使い勝手がいい

    トヨタbBは、初代モデルが2000年に発売され、現行の2代目が…

  2. コンパクトカー

    フォルクスワーゲンUP!は中身がシッカリとしたオシャレなクルマ

    フォルクスワーゲン UP!はフォルクスワーゲンの中で最小のクル…

  3. トヨタ

    アルファードはデザイン、内装、安全装置、すべてに高級感

    高級ミニバンのトヨタアルファード。今は3代目となっています。…

  4. SUV

    ハリアーのボディスタイルも威圧感ある眼光を放つフロント

    1997年に自動車シーンに颯爽と登場したトヨタ・初代ハリアーは…

  5. コンパクトカー

    トヨタアクアの燃費を実感してください

    トヨタのエスティマに8年近く乗っていましたが今年の8月に同じト…

  6. ステーションワゴン

    カローラフィールダーはダイナミックで躍動感のあるデザインに

    トヨタ自動車の5ナンバーサイズ・ステーションワゴン「カローラフ…

PAGE TOP