コンパクトカー

トヨタアクアは乗って後悔の少ない車

アクア

トヨタ・アクア、この車が出た事でハイブリッドはより身近になったかもしれません。

プリウスのヒット以降ハイブリッド車が市場に多く出ました。

ただプリウスのリヤガラスが2段式になっていて見づらい事やシフトレバーもこれまでの車とは違い慣れない方もいました。そんな中、2011年にアクアが発売されました。

 

しかし、アクアは見た目は普通のハッチバックのデザインでリヤガラスも1枚もの、シフトレバーも通常のストレート式とハイブリッドに抵抗がある年配の方でも気にせず乗れる作りに仕上がっています。

排気量は1,500ccとプリウスの1,800ccから小降りになりましたが燃費はさらに向上されました。

燃費スペシャルな車と言っても過言ではないかもしれません。

 

内装は若干チープな作りなものの、センターメーターなわりにダッシュボードを平坦になるように作られて見づらい雰囲気もありません。

ステアリングもテレスコピック機構と言われる上下だけではなく前後にも調整が出来るのがとてもいいです。

これ最廉価グレードLを除いて装備されているのがいいです。

オートエアコンが全グレード標準なのもありがたいです。

 

ただこの車、燃費スペシャルで装備もそこそこ、の車ではないんです。

G’sと言われるグレードがあり、こちらは外観や内装、足回りをスポーティーに仕上げたモデルも用意されているのです。

エンジンやハイブリッドモーターはチューニングされているわけではないですが、一味変えてカッコよさを追求しています。

作り手が燃費だけの車じゃないぞと思わせる感じが出ています。

 

快適な走行

実際に乗ってみると、モーターのみ走行もけっこう静かに乗れます。

このモーター走行のおかげで燃費向上に繋がっていると思います。

燃費を気にするならECOモードがあるのでそのスイッチを入れると燃費重視の走行を勝手に行ってくれます。

なので加速したい時はけっこうアクセルを踏み込まないと加速がなかなかしません。

ECOモードではなく通常モードで走行するとなかなか加速も良く走りが軽快になります。

プリウスよりも軽いのもあるせいかアクアの方がコーナーリングもいいです。

アクアはプリウスよりも安くハイブリッドの入門カーとしてはいい出来です。

コンパクトなためリヤは狭いですが、1人か2人で乗るなら十分です。

対抗のハイブリッドでホンダ・フィットもありますが、このアクアの方がスタイリッシュだし見た目もカッコイイです。乗って後悔の少ない車だと思います。

関連記事

  1. コンパクトカー

    日産ノートの乗り心地は?

    今年の初めに、日産ノートを買いました。それまでは軽自動…

  2. コンパクトカー

    試乗すると売れてる理由が分かるホンダフィット

    クルマが好きで中古車ばかりを何台も乗り継いできました。…

  3. トヨタ

    プリウスはカスタムパーツを取り付けても似合います

    5年~10年前は大きなミニバンなどが人気がありましたが、最近は…

  4. セダン

    トヨタ86は軽快なハンドリング性能が自慢

    トヨタ 86はトヨタ自動車と富士重工業が共同開発を行ったFRレ…

  5. セダン

    プリウスはトヨタの最新技術を惜しみなく投入した環境対策の象徴

    トヨタプリウスは世界で初めて量産化に成功したハイブリッド専用車…

  6. BMW

    ミニの持つ濃いキャラクターに魅力を感じている方には是非

    ローバーからミニに関する一切の権利を買い取ったBMWは、200…

PAGE TOP