トヨタ

トヨタアルファードはミニバン最上級の存在

アルファード

トヨタアルファードは日産の「エルグランド」に対抗する為に開発された大型のミニバン型高級車です。

現在では販売台数でエルグランドを抜き、兄弟車の「ヴェルファイア」と共に大型ミニバンの販売台数トップに躍り出ています。

現行型は3代目となっており開発コンセプトは「大空間高級サルーン」であり、トヨタはアルファードをミニバンとしてではなく、1台の高級車として考えて開発されています。

 

外観は2代目よりも押出し感の強いメッキ加飾の施された大型フロントグリルを備え、ワイド感と力強さを感じさせるデザインになっています。

内装もミニバンとは思えぬ程の豪華さを誇ります。例えば茶木目調には杢柄の間に金属的な輝きを持たせ、黒木目調にはホログラム層を下地に採用し杢柄をダークカラーで表現するなど、グレードに応じてキャラクターに相応しい高級感溢れる内装を表現しています。

 

走行性能も大幅に強化が行われています。

ボディには強度の高い高張力鋼板の採用範囲を拡大し、構造用接着剤の導入によって更なるボディ剛性の強化を図っています。

その上で、リアの足回りにダブルウイッシュボーンが採用されており、乗り心地の良さと操縦安定性強化の両立が行われています。

 

高級ファミリーカー

アルファードは高級ファミリーカーとして人気がありますが、それ以外にも政治家やタレントの送迎車としての需要が多く、質の高い内装と乗り心地の良さが高く評価されています。

かつては高級車といえばセダンしか選択肢が無かったのですが、アルファードはライバルのエルグランドと共に高級車の新たな選択肢として認められており、その中でもトップブランドともいえる存在となっています。

またクルマに高級感を求める方以外にも、その車体の大きさからフル乗車しても窮屈さを感じることが少ないので、頻繁にフル乗車して移動する機会が多い方には1グレード下の「ノア」クラスよりも、アルファードの方が適していると思います。

 

アルファードはミニバンを購入される方でしたら1度は誰もが憧れる存在です。

グレードやオプション設定によっては非常に高価なクルマになりますが、ミニバンとしては最上級の存在で購入されてから後悔することが少ないクルマとなっています。その為、結果的に他に乗り換えようと考えることも少なくなり、長く乗り続けることも可能なクルマだと思います。

街中でも独特の存在感のあるアルファードに興味を持たれている方は、1度は実車を見に行かれてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. コンパクトカー

    パッソは乗りやすく楽しめる車で乗換えにも最適な車として注目

    パッソは人気のコンパクトカーです。中古のパッソでも十分…

  2. トヨタ

    トヨタヴォクシーの力強いフロントフェイスに憧れる

    トヨタヴォクシーは兄弟車のノアと並んでトヨタのミニバンの中核を…

  3. SUV

    ランドクルーザーはリセールバリューが非常に高い点も魅力的

    「クラウン」や「プリウス」のように「ランドクルーザー」の名前も…

  4. セダン

    プリウスは割高分をガソリン代でもとを取る必要があります

    半年ほど前に、トヨタプリウスZVW30平成22年式に乗り換えま…

  5. ホンダ

    家計に優しく乗り心地も誰もが満足するホンダのステップワゴン

    近年日本車は進化し続けており、以前よりも機能が充実しています。…

  6. ミニバン

    日産エルグランドは見た目よりも運転しやすい車です

    日産エルグランドに乗っていました。車内は広く、8人乗りです。…

PAGE TOP