トヨタ

トヨタエスティマはあらゆるシーンで使えます。そのわけは?

エスティマ

トヨタの数あるミニバンのひとつ「エスティマ」は、「天才タマゴ」のコンセプトのもと、まるで生みたての卵のような丸みを帯びたフォルムが最大の特徴です。

現行モデル(3代目)は2006年の登場で、既に2016年現在でちょうど10年という異例のロングライフです。

同社のアルファードやヴェルファイアが進化を繰り返すなか、エスティマはどっしりと腰を据えてゆっくりな歩みを進めています。

エスティマは、グッドデザイン賞を受賞したその独特のフォルムの中に、3列ともゆったりくつろげる広々としたラグジュアリーな室内空間を誇っています。本革シートを採用した上位グレードから、明るいカラーリングの内装まで取り揃えています。

 

多彩なシートアレンジ

フロントシートはインパネシフトを採用したウォークスルー構造で、助手席側から運転席へのアクセスも容易です。

2列目シートは最大800mmというスライドが可能で、3列目シートを床下に畳んで2列目シートを後方に大きくスライドさせると、まるで飛行機のファーストクラスのようなゆったりと優雅な空間が出現します。

シートはリクライニングが可能で、シート下部にはオットマンが収納されており、取り出すことでゆったりと足を延ばしてリラックスすることが可能です。ロングドライブにはうってつけの装備です。

また、2列目シートを前方に大きくスライドさせると、広大なラゲージルームとなり、大型の荷物も湯夕で積み込むことができます。1列目+2列目、あるいは2列目+3列目シートをフルフラットにすることが可能で、長距離走行で疲れた際に最寄りの駐車場でゆったり休憩することや、車中泊も可能です。

3列目シートは6:4分割式で、電動で床下に収納できます。

 

エスティマは通常のガソリンエンジン仕様車のほかにもハイブリッドモデルもラインナップしています。

大柄なボディながらもリッター18.0kmという驚異の低燃費を誇るハイブリッド仕様車は、モーターパワーとエンジンパワーのシナジー(相乗)効果を追求して開発されたもので、力強い走りとともに車内の静粛性も確保されています。

ハイブリッド車には最大1500Wの電力を供給可能なAC100Vのコンセントが設置されており、携帯電話・スマートフォンなどの充電のほかにも、キャンプなどのアウトドアレジャーに小型保冷庫で飲み物を冷やしたり電動アシスト自転車のバッテリーを充電できたりとあらゆるシーンで使えます。

万が一ご家庭の電気が停電した場合でも、非常用の電源としてお使いいただけます。

 

エスティマに賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. ホンダ

    オデッセイで一番良かったのは最後列がほぼ水平に倒せること

    ホンダオデッセイに乗っています。18年式後期アブソルー…

  2. コンパクトカー

    キューブは燃費性能が非常に優れていることを痛感

    私は日産キューブ(ライダー)に買い替えました。元々は軽…

  3. トヨタ

    ヴォクシーほど必要な要素がそろったミニバンはありません

    2014年ミニバン販売台数No.1のトヨタヴォクシー。…

  4. セダン

    トヨタ86は軽快なハンドリング性能が自慢

    トヨタ 86はトヨタ自動車と富士重工業が共同開発を行ったFRレ…

  5. セダン

    クラウンはトヨタを代表する高級車で人気があります

    クラウンはトヨタを代表する高級車でとても人気がある車です。…

  6. スズキ

    ワゴンRのいい所は軽四なのですがとても広い所

    私はスズキのワゴンRに乗っています。ワゴンRのいい所は…

PAGE TOP