コンパクトカー

トヨタbBはコンパクトカーなのに室内が広く使い勝手がいい

bB

トヨタbBは、初代モデルが2000年に発売され、現行の2代目が2005年に発売されました。

そもそもbBは、ボックス型のコンパクトカーです。ライバル車種には、日産・キューブが相当します。

丸みを帯びたボディが多い中で、ボックス型のデザインは人気があります。

室内では、ボックス型の恩恵もあり、頭上も広く広々として好評です。

 

そんなbBですが、エンジンは1.3Lと1.5Lがあります。4WDで見ると、初代は1.5L、2代目は1.3Lのみの設定になっています。売れ筋も初代は1.5L、2代目は1.3Lのようです。

なので、中古車市場に出ているのも、この手が多いです。

 

初代のbBはエクステリアデザインのかっこよさが売りでした。

シンプルさであり、カスタマイズする楽しさもありました。2代目は、少し丸みを帯びたエクステリアになりましたが、内装にこだわりがありました。グレードによりますが、イルミネーションにこだわり、ミュージックボックスかのような演出がされたものもありました。

これには11スピーカーも用意され、音もこだわっていました。

 

人気のカラーは黒です。次にホワイトパールです。

中古車市場でも特に黒は人気で高値がついています。

ちなみに、2代目bBはダイハツとスバルにもOEMで供給されていました。

ですが、人気はbBから見ると落ちます。

 

このbBは若い層に人気があるように思えますが、実は年齢は全般に人気がある車なんです。

コンパクトカーなのに室内が広く、使い勝手がいいのが人気だったようです。なので、カスタマイズしない人も、そのままで十分魅力のある車でした。

 

このbBはヴィッツがベースなのですが、査定に出すと値段が違います。bBは先ほども言いましたが、中古車市場で人気があります。今でも状態がよければ高値で販売されています。

初代のbBですら、100万円を超える販売価格がついています。初代だと最後のモデルでも10年落ちはしています。査定となると、また価格は変わりますが、そう考えるとリセールバリューはいいと言えますよね。

現行モデルも4WDが製造されなくなり、今はFFモデルのみとなりました。が、まだ発売されています。

次期型の噂もありますが、このbBは買ってものちのち損はない車でしょう。さらに、bBを所有の方が売りに出すのならば、状態さえ悪くければ思ったより価値がつくかもしれません。

そんなbBはお得な車と言えるのかもしれませんね。

関連記事

  1. ステーションワゴン

    カローラフィールダーは日常の足として使うには最高の車

    カローラフィールダーは、トヨタが発売しているステーションワゴン…

  2. コンパクトカー

    コンパクトカーに買い替える理由とは?

    ハッチバック、コンパクトカーは、マツダ・デミオ、トヨタ・ヴィッ…

  3. コンパクトカー

    FIAT500は人とは違うオシャレなクルマに乗りたい方に

    FIAT500はかつての名車である「NUOVA500」の発売5…

  4. コンパクトカー

    初代bBは未だに中古市場で人気の高い一台

    トヨタ自動車のコンパクトトールワゴン、初代「bB」は2000年…

  5. コンパクトカー

    ノートの特徴は高い燃費性能と広大な室内空間

    日産ノートは日本以外にもヨーロッパや北米で販売が行われている日…

  6. コンパクトカー

    どんなタイプの人にでもおススメのホンダフィット

    ホンダ・フィットは巷で人気の車です。新車の売り上げも約…

PAGE TOP