コンパクトカー

ホンダフィットが買取り業者に人気のある車種である理由

フィット

ホンダフィットが発売されて久しいのですが、代を重ねる度に進化の度合いがハッキリと分かります。

今や、主婦層だけでなく若い世代まで乗りこなすことが楽しくなりそうなオールマイティーな車にステージアップしています。

コンパクトカーのカテゴリーながら、ファミリー層や老年の方にも優しい車であると当時にスポーティーなグレードも充実。誰が載っても納得できる車になっています。

 

やっぱりハイブリッド車は人気!

この数年、人気を博しているハイブリット車。このグレードも大きな位置を占めています。

エコカーとしての最高の技術を詰め込んだフィットハイブリット。クラス最高の燃費を生み出しています。

そのデータはなんと36.4Kmですが、無給油で東京からの九州まで行ける性能でしょう。より経済的に走る時代にあった車かもしれません。

 

また、全車に標準装備されているアイドリングストップ。

いままでは高級車にしか付いていなかった機能。渋滞している都心部の運転では、非常にありがたい機能です。

無駄な燃料を費やしてしまう重体の中では、アイドリングストップによって、燃料をコマ目に節約してくれます。

これも余計なガソリンを使わずに済むし、排ガスを最低限のレベルまで落とすことができるので、エコカーとしての存在は盤石です。

 

安全装備も!

また、安心安全面でも配慮が施されています。

事故回避システムですが、低速走行時には、前の車が急に止まることはよくあるものです。

追突事故の発生原因にもなっている脇見運転や高速道路で渋滞でノロノロ運転でも追突事故のリスクは潜在化しています。

しかし、前方の車の存在を察知して自動的に止まってくれることは、慣れないドライバーにとってはありがたいのです。

 

若者向けモデルもある

一方で若い世代にも認知されているのもホンダフィットの特徴です。

RSモデルハウス若い人や走ることを楽しく感じてくれる人にはうれしい車でしょう。

シフレレバーは本皮仕様でアクセル、ブレーキペダルはステンレス製。

しかも16インチのアルミホイールも走り好きな人から見ればキビキビと走ることを意識させてくれる仕様ではないでしょうか。フィットの従来の走りやすさに加えて、走るためだけのこだわりギュッと詰め込んだ走り追求型のRSとなっています。

 

ある時、娘からの質問がありました。

「フィットに乗り換えたいお父さんにには、RS4タイプがおすすめじゃない?」

フィットはお年寄りの走る楽しみだけではなく、判断力の弱さを完全にサポートしてくれます。

このようにホンダフィットはありとあらゆる年代に爆発的に売れる要素はたくさんあります。

 

ホンダフィットに賢く買い替える方法

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. コンパクトカー

    デミオの特徴はディーゼルエンジンを採用したコンパクトカー

    マツダデミオはマツダ2の名称で欧州や北米でも販売がされているコ…

  2. トヨタ

    アルファードの良い所、気になる所

    2013年モデルのアルファードに乗っています。予算が厳…

  3. ステーションワゴン

    背の低い車であっても積載量が欲しい方はレガシーツーリングワゴン

    スバルレガシーツーリングワゴンはスバルの旗艦モデルであるレガシ…

  4. ダイハツ

    ダイハツキャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」

    ダイハツ キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプ…

  5. ホンダ

    オデッセイは乗用車感覚を大切にしているクルマ

    ホンダオデッセイは1994年に初代モデルが発売されミニバンブー…

  6. SUV

    CX-5はSUVらしい大柄な車格と燃費とパワーに優れています

    マツダ CX-5はマツダの新世代技術である「SKYACTIV …

PAGE TOP