コンパクトカー

ホンダフィットはコンパクトカーの中で特に人気

フィット

コンパクトカーの中で特に人気なのが、ホンダのフィットです。

フィットの特徴として、コンパクトカーの中でも、特に車内が広々しています。

ホンダ独自の技術である、センタータンクレイアウトのおかげで、ゆったりとした後部座席で、トランクルームにも十分に荷物を積むことが可能です。

室内の高さは、同タイプの車の中でも、最も高さがあるので、後部座席に座っても、圧迫感を感じません。

 

ハイブリットとガソリンの2タイプ

フィットには、ハイブリッドとガソリンエンジンの2タイプがあります。

どちらも燃費の良い車ですが、ハイブリッド車は特に、トップレベルの燃費の良さを誇っています。

ガソリンエンジンタイプにおいても、同じタイプのコンパクトカーの中でも、上位の燃費の良さです。

 

ここで、フィットのメリットについてですが、コンパクトカーなので、小回りがきいて、駐車もしやすく、初心者や運転が苦手の方には、特に運転しやすい車です。

また、燃費が良いだけでなく、エンジンパワーにも定評があるので、運転が得意な方や運転が好きな方でも、十分ドライブを楽しむことができます。

 

フィットの買取

ところが、長年乗っていると別の車に乗りたくなるので、いずれ手放す日が来るでしょう。

そんな時のためのフィットの買取についてですが、まず、買取相場は2,3年落ちなら50万以上にはなります。

しかも、走行距離が5万kmを超えている場合でも、50万以上のケースがあるようです。

ところが、10年となると急激に買取価格が下がります。

 

しかし、他の車種に比べたら人気があるので、10年以上落ち、または走行距離が10万km以上にもかかわらず、数万円程度は値段がつくようです。

ただ、フィットは人気の大衆車で、プレミア価値が付加される期待はありません。

買取の際は、適当な年数を考慮すべきでしょう。

 

マイナーチェンジ

さて、フィットの最新モデルですが、2015年9月25日にマイナーチェンジが行われました。

主な変更点として、エクステリアのデザイン変更とボディカラーの追加です。

まず、フロントグリルをさらに立体的で質感が高いデザインに変更、ハイブリッド車のフルホイールキャップをよりシャープなデザインに変更、さらに、ハイブリッド車のボディカラーについて、プレミアムブルーオパール・メタリックとミッドナイトブルービーム・メタリックが追加されました。

今回のマイナーチェンジでは、エンジンのラインナップ変更は無かったですが、近い将来、2013年11月にホンダが発表した、新型のターボエンジンが搭載される可能性が高いです。

 

また、ホンダの最新技術として、ダウンサイジングとホンダセンシングの2点が注目されています。

ダウンサイジングは、燃費を向上させることが目的で、排気量を小さくしつつ、ターボチャージャーやスーパーチャージャーでの過給で動力性能を確保すること。

ホンダセンシングは、歩行者対応の自動ブレーキと前走車を自動追従できる、アダプティブクルーズコントロールという、最先端の安全快適技術です。

これら2つの技術は、今後、フィットのマイナーチェンジやフルモデルチェンジに大いに貢献するはずです。

関連記事

  1. ホンダ

    ホンダライフは街乗り程度であれば快適です

    今回は、ホンダ ライフについてご紹介します。主に紹介文…

  2. ホンダ

    人とは少し違う個性的なミニバンが欲しい方はステップワゴン

    ホンダステップワゴンは世界的に流行しているダウンサイジングの流…

  3. コンパクトカー

    スズキスイフトは走る・曲がる・止まるを徹底的に作り込んだ

    スズキスイフトは「走る・曲がる・止まる」を徹底的に作り込んだコ…

  4. ホンダ

    オデッセイで一番良かったのは最後列がほぼ水平に倒せること

    ホンダオデッセイに乗っています。18年式後期アブソルー…

  5. コンパクトカー

    免許を取って初めクルマを購入される方にも最適なフィット

    ホンダフィットはホンダが世界中で販売を行うグローバル車種となっ…

  6. ステーションワゴン

    ホンダシャトルはコンパクトな車体でありながら大容量の荷室

    ホンダ シャトルは本田技研工業が販売している5ナンバーサイズの…

PAGE TOP