コンパクトカー

ヨーロッパ車のようなデザインもデミオ人気の1つ

デミオ

マツダ・デミオは魅力的な車です。現在発売されているデミオは4代目のモデルです。

2代目までのデミオは、コンパクトカーの中でも室内も広く使い勝手のいい車、そんなイメージでした。

コンパクトカーと言うよりは、小さなミニバンなイメージが強い物でした。

3代目からデザインがスタイリッシュになり、走りも良くなりました。この3代目から燃費だったり新技術が搭載されてきました。「スカイアクティブ」と言う言葉を聴いた事があるかと思います。

 

3代目のモデル途中から、そのスカイアクティブが投入されています。このスカイアクティブは、マツダのこの先を担う戦略でもありました。

モーターやバッテリーに頼るハイブリッドではなく、1から車作りを見直し、ガソリンエンジンの可能性を広げた物となりました。圧縮比を高め、アイドリングストップも搭載し、空気抵抗も見直しました。

その結果、燃費もハイブリッド車に迫る10・15モードで30.0km/Lを達成しました。

そして、4代目になり、スカイアクティブはより精度を上げデミオが作られました。さらに、クリーンディーゼルまで設定しました。

これは、1,500ccの小型車に日本でディーゼルがあるのはこのデミオと、CX-3だけです。

 

では、このデミオは何が人気なのでしょうか?

ヨーロッパ車のようなデザインも人気の1つです。そして、やはりディーゼルです。

最近では燃料も安くなりましたが、高騰してもガソリンよりも経由の方が安い事もあり、人気です。さらに、ディーゼルターボ搭載のため、走りがとてもいいんです。

1ランク上の車を思わせる力強い走り、そして燃費がいいとなると人気になるのもわかります。ガソリンモデルも素性が良く、軽快な走りをしてくれます。ディーゼルと比べると価格も安いので、迷うところだと思います。

 

しかし、いずれ下取りに出す事を考えると、ディーゼルを買っておく事をお勧めします。

中古車市場を見ても、最近のマツダは人気があります。その分、価格も高めになります。さらに、マツダと言えば「ディーゼル」と言うイメージがあります。

排ガス規制でディーゼルの台数は減りましたが、日本でもディーゼルは人気があります。なので、長い目で見るとディーゼルを選んでおくのが、リセールまで含めるとお得と言えます。

 

ボディカラーは、黒が 1番人気です。ついで、ホワイトパール。

この2色ならば下取りに出す時も上げてもらいやすいです。

下取りの話にもなりましたが、1度試乗してみてください。そうすると、このデミオの魅力がわかるかと思います。

出来れば、ディーゼルに乗る事をお勧めします。

関連記事

  1. コンパクトカー

    日産ノートNISMO Sを買ってみました

    日産のノートNISMO Sを買いました。ノートNISMO Sは…

  2. コンパクトカー

    ロードスターの魅力は何と言っても人馬一体感にある

    マツダ ロードスターは1989年に発売が開始された2シーターの…

  3. コンパクトカー

    コンパクトカーは今までの技術を結集した車

    コンパクトカーは、今までの車の技術を結集した日本独自の車かもし…

  4. コンパクトカー

    日産キューブは軽自動車やコンパクトカーにも負けない性能

    私は日産のキューブに買い換えました。こちらの車種を選ん…

  5. コンパクトカー

    ノートはスカイラインをイメージしたもので日産の世界戦略車

    日産ノートは、日産自動車が製造するハッチバック型の自動車です。…

  6. コンパクトカー

    マツダデミオはコンパクトカーの枠を超えたハイクオリティー

    マツダの人気コンパクトカー「デミオ」は、2014年に現行型の4…

PAGE TOP