車査定・売買の体験談

交渉しまくることで車の査定額は上がります

メンテナンス

学生を卒業してこだわり抜いて買った一台を手放す決意をしたのは、ヘッドランプが切れて交換をしようとしたときでした。

燃費や走行など気にせずはじめて乗るのは好きな車にしようと10年落ちのものに乗っていたからでしょうか?

ボンネットのエンジン付近に子猫の亡骸がありました。

古い車は車体のしたに隙間が多く子猫のような小さな動物は寒さを凌ぐため、走行後の温かいエンジンルームに入ってしまうという事件が昔は多発していたそうです。

最近の車ではそういうことが全くないので、あたしはすごく驚き、慌てて父に連絡したのを覚えています。

車検のちょうど三ヶ月前のことでした。

もし、子猫がエンジンに絡まったりしていたら大事故になるところでした。

あたしは怖くなりました。乗り換えを決意した瞬間でした。

 

新しいものを選ぶのは案外と簡単に決まりました。

車は好きですし、予算の範囲で次は新車をと思っていたからです。

問題は下取りでした。

買ったお店では値段が付かないけど、色をつけてという表現でした。

納得できない値段だったので、即お返事をせずに多種多様な店に交渉に行ってわかったことは、ユーポスさんなどといった車買取専門店で売ることが一番高価格で買い取ってくれるということです。

査定の段階から走行距離がそんなに増えないことや、直ぐに手放しても移動手段がある方にはこちらのほうが確実に高価格買い取りをお約束できます。

それも店舗数をまわり、あちらの店はいくらだったと交渉しまくることで査定額は上昇します。

 

ただ、相手にも限度がありますので、次に提示したお値段で決めていただけるなら頑張ると相手もいってきますので駆け引きは重要なポイントですね。

もし、査定が本当にない車でもパーツ買い取りという方法もありますので、買い取り店舗のほうが値段はいいと思います。

ただし、代車はその店舗で購入することが条件で貸してはくれませんので、納車が決まっているひとや、通勤はバイクのひと、もう一台あるから問題ないなど自分の環境を考え手放すタイミングだけは間違えないようお気をつけください。

 

あたしはそうして、10年落ちの車を15万で売却しました。

購入店舗では友人が担当スタッフであった状態で8万円だったのでだいぶの値上がりです。

しかし、買い取り店舗での高額買い取りになりえるのは古い車でも廃車盤で状態良好、事故車でないことなどいろいろ関係してきますので、あくまでもあたしの場合はという形での解釈をお願いします。

 

事故車でもパーツ買い取りはしてくれます。

処分に費用がかかるようならば確実に買い取り店舗でパーツ売りをすることをおすすめします。

 

クルマを賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. 車査定・売買の体験談

    複数の車買取業者に見積もりを取って比較するのがベスト

    ホンダのフィット平成18年式に乗っていました。車検も近…

  2. 車査定・売買の体験談

    ネットで車一括査定サイトがある事を知り申し込んでみました

    3回ほど車を売却した東京都男性既婚で子供は二人います。…

  3. 車査定・売買の体験談

    自分にあった車売却の一括査定のサイトを見つけること

    車を売買する機会ってなかなかないのでどうやればいいのかよく分か…

  4. 車査定・売買の体験談

    結婚することになりミニ・クーパーSを売却しました

    結婚することになり今の3ドアのコンパクトカーでは将来的には手狭…

  5. 車査定・売買の体験談

    家族構成に合わせて車を乗り換えていくことも大切

    車の買い替えを決めた理由は、家族が増えることになったからです。…

  6. 車査定・売買の体験談

    綺麗にすることで車の査定も良くなった気がします

    愛車を売却しないといけないという時期はいつしか必ずやってくるも…

PAGE TOP