車買取業者を探す

保管コスト削減によって車査定額が高いのがガリバーの特徴

ガリバー

ガリバー

ガリバーには、車の保管期間に関する特徴があります。

車買取店では、来店客から買った車を別の方に売却しているのです。

それで利益を得ているのですが、しばらくの間は車を保管する必要があります。

 

例えば6月20日に車を買い取ったとします。

それをすぐ売るのではなく、しばらくの間は保管する事になるのです。

その保管期間はお店によって色々で、7月まで保管するお店もあれば、8月以降のお店など様々です。

整備などを行う都合もあり、すぐには売らない訳です。

 

ところで前述のガリバーは、その保管期間がかなり短めになります。

この会社の場合は、必ず2週間以内に売却をするルールになっているのです。ですので上記の事例では、7月の上旬には別の方々に車を売ることになるでしょう。

ところで車を保管する期間が短いと、コスト削減になるのです。

車を駐車場などに保管すれば、当然色々な料金支払いが生じます。ガリバーの場合は、他社と比べると保管期間が非常に短いです。

つまり期間を短くする事で、保管コストを抑えている訳ですね。その節約したお金を買取額に反映しているので、他社よりは高くなるケースが目立ちます。

保管コスト削減によって査定額を高めにしているのが、ガリバーの特徴と言えるでしょう。

 

アップル

アップル

車の買取会社を選ぶ基準の1つは、年数の長さです。

各会社のホームページなどを見ますと、大抵は会社概要が記載されているでしょう。そこには、会社の設立年数などが書かれている訳です。その項目を見てみると、各社の年数の長さなどを把握する事ができます。

そして中には、非常に年数が長い会社も見られます。車買取のお店として20年以上ほど事業を営んでいるとなると、かなりの老舗と言えるでしょう。

 

ところでアップルにはその年数の長さに大きな特色があります。

現時点ですが、既にアップルは年数が20年を経過している状況です。他の会社と比べてもかなり年数が高めになりますが、それだけに買取りの手続きもスムーズに進む傾向があります。

年数が短い会社の場合は、必ずしもスムーズに進むとは限りません。あまり慣れていないので、手続きに多少の時間を要する事もあります。しかしアップルの場合は年数も長いので、かなりスムーズに車を売れる訳ですね。

また年数の長さは、車の買取額に反映される事も多いです。多くの年数がある会社は、それだけ車な知識も豊富なので、査定額も高くなりやすいのです。実際アップルでは、高額売却が成立している事も珍しくありません。

歴史の長さは、アップルの特徴の1つと言えます。

 

カーチス

カーチス

カーチスの特徴の1つは、車の買取額です。

このお店では、しばしば高額売却が成立しているのです。

他のお店ではあまり満足できる金額ではなかったものの、カーチスは一番高かったので、ここで売った等の口コミの投稿されている事も多いです。つまり他社よりも、金額を高くできる訳です。

 

ところでカーチスの場合は、査定の基準は少々独特になっています。

この業者には、独自のセンターが存在します。そこには多くのスタッフの方々が控えている訳ですが、主に車の価格に関する事務作業などを行っているのです。

そして査定の基準は、他社とは違います。オークションの情報などを独自のシステムで集計しているのですが、それをリアルタイムに車の買取金額に反映しているのです。

その情報量が非常に豊富で、時には思わぬ高値が付く事もあります。

オークションの利点は、全国の様々な買い手の情報を得られる事です。

遠く離れた地域で、誰かが車を欲している事もある訳です。その情報を非常にスピーディーに得られるシステムを、カーチスは採用している訳です。ですので前述のように、しばしば高額売却が成立する訳です。

買い取りの価格をできるだけ高くしたい方にとっては、おすすめのお店と言えます。

 

カーセブン

カーセブン

車買取店によっては、たまにスマホを活用しています。

もしくはタブレット端末なども用いて、査定を行っている事があるのです。

なぜスマホやタブレットなどを使っているかというと、独自のシステムを使用しているからです。

一部の車買取のお店では、本部と上手くやり取りをしているのですね。車買取のデータを本部に転送して、査定額を算出している事があります。

 

その一例は、カーセブンという会社です。

査定時にスマホを持参してくる事が多いのが、この会社の特徴の1つですね。

そして、そのシステムで車が高く売れる確率も高くなっているのです。

そもそも車の査定額を算出する為には、様々なデータ照合を行う必要があります。

車の情報を得て、それを端末で送信して、色々と計算などを行うのですね。

車の査定データ情報をスマホに入力し、それが本部に送られる訳です。

 

そしてカーセブンの場合は、その本部データとのやり取りが非常に速やかです。

他社では本部とのやり取りにかなり時間がかかってしまう事があり、正確な査定額を算出できない事もあります。

それで無難な金額しか提示できないケースもあるのですね。

ところがカーセブンの場合はスマホを用いている都合上、本部との連携が緊密になっています。

必然的に車の買取額も、高くなりやすいのですね。

ハイテクなシステムにより車の査定額が高くなりやすいのが、この業者の特徴の1つです。

 

ビッグモーター

ビッグモーター

ビッグモーターという車買取の会社には、数点の特徴があります。

まず1点目は、会社規模の大きさです。

買取会社にも様々な規模がある訳ですが、ビックモーターはかなり大きな会社の1つになります。

ハナテンの関連会社になるのですが、上場している企業でもあります。

 

そして2つの特徴は、買取金額が徐々に高くなっていく点です。

上記のような規模の大きな会社の場合は、最初の内は買い取り金額を低く提示する傾向があります。

ですので例えば、査定にて20万円台と提示されたとします。それで交渉を行うと、徐々に切り上がっていくパターンが多いです。30万円台などと切り上がっていき、だんだんと価格はアップしていく事になります。

最終的には、意外と高値が付くケースも多い会社です。

 

さらに3つ目の特徴としては、地域のライバル店を意識している事が多い点です。

ハナテンは、大阪に事業所がある会社になります。ですので大阪の近隣地域にある会社には負けたくないと考えているので、他社よりも高い金額を出してくれる事が多いです。

ですのでビックモーターで査定を受ける前に、別の大阪地域のお店で査定を受けていると、買取価格は高くなってくる傾向があります。

 

以上の3点が、ビックモーターの主な特徴です。

 

T-UP

T-UP

車買取業者のT-UPは良い意味でも、悪い意味でもはっきりしている会社です。

それは査定に関しては、車事情に非常に長けた人が担当しています。元々、この会社はトヨタの直営の会社で、そこから社員を集めて査定をしているので、車に関しては相当詳しい人間が査定をしてくれるのです。

したがって、本当に曖昧な部分が少ないというのが、このT-UPの特徴になるでしょう。

それは査定の結果とともに、そういう金額になった理由などを詳しく、細かく説明してくれます。また、査定をした結果、買取ができないものに関しては、0円とか、これは不可能とか、はっきり言う人間も多くいるのです。

もう少しオブラートに包んで言って欲しいと思っている方もいるかもしれませんが、どうせ無理ならはっきり言ってほしいと思っている方にとってはいい会社かもしれないです。

 

査定に関しては、本当にきっちりしていて、ちゃんとした説明が期待できますが、それでもまだわからない部分は、恐らく質問をすればいろいろと答えてくれるので、査定に関する疑問はかなり解消しやすい、納得のいく可能性が高い会社になると思います。

トヨタの直営ということで、その点に関しても信頼はあるでしょうから、査定に関する透明性という意味では、1番の会社になるのではないでしょうか?

関連記事

  1. 車買取業者を探す

    車買取業者主要7社の特徴比較

    T-UPやガリバー、アップルなどいろんな車買取業者があるけど、どれが一…

  2. 車買取業者を探す

    中古車買い取り会社の中でも最大手のガリバーとは?

    ガリバーというと中古車買い取り会社の中でも最大手の会社となりま…

  3. 車買取業者を探す

    川崎の車買取業者一覧

    川崎にある主要な車買取専門業者をまとめてみました。まと…

  4. 車買取業者を探す

    名古屋の車買取業者一覧

    名古屋にある主要な車買取専門業者をまとめてみました。ま…

  5. 車買取業者を探す

    あなたは車をどこに売りますか?車買取業者7社の特徴まとめ

    T-UPT-UPには、情報提示や管理体制に特長があります。…

  6. 車買取業者を探す

    楽天で一度に査定してもらう車買い取り業者は9社

    楽天はインターネットショッピングで日頃から利用している人も多い…

PAGE TOP