コンパクトカー

初代bBは未だに中古市場で人気の高い一台

bB

トヨタ自動車のコンパクトトールワゴン、初代「bB」は2000年にデビューしました。

初代bBは、大ヒットモデルである初代ヴィッツのプラットフォームをベースに設計・開発され、ボディタイプは通常の5ドアワゴンの他にも、リヤにオープンデッキを設けてピックアップトラック風に仕上げた3ドアバージョンがラインナップされていました。

初代bBのエンジンは、ヴィッツ同様に1.3Lと1.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、トランスミッションはコラムシフト型の4速オートマチックのみ、駆動方式はFFと4WDが用意されました。

 

初代bBのスタイリングはまさしく四角い箱型で、同じく箱型の日産・キューブと激しい販売合戦を繰り広げました。

ポップで女性受けのしやすいキューブとは対照的に、チョイワルでアメリカン的な雰囲気bBは若い男性をメインターゲットとしており、カスタムカーのベース車両としても人気を博しました。

未だにカスタムパーツやアフターパーツは豊富で、街中でも現役でバリバリ走っているのをよく見かけます。

 

bBは傍目的に大柄に見えますが実は5ナンバーサイズに収まっており、角ばったボディは運転席からの視界や見切りも良好で、取り回しが良く運転しやすい車であり、メインターゲットである若者の他にもご年配の方にも受け入れられました。

 

車内空間は、まずスピードメーターはこの当時のヴィッツやファンカーゴなどと同様にセンターメーター方式を採用しており、インパネデザインもチョイワルをアピールしたかのような直線を基調にしたデザインです。

フロントシートはベンチシートとなっており、なおかつホールド性が高くドライバーを疲れにくくサポートしてくれる設計になっています。中央にはアームレストも装備されています。

リヤシートは150mm前後にスライドできるようになっており、最後方にスライドするとゆとりある足元空間が出現します。

 

ラゲッジルームはリヤシートを一番後ろに下げた状態でも段ボール箱が数箱積載できるほどの広さを持っています。

リヤシートを前方にフォールディングするとさらに広大な空間が出現し、商用車にも匹敵するほどの荷物積載力を誇ります。

床下もフルフラットに近い状態になるので、ちょっとした家財道具や家電も積み込むことができ、レジャーにも買い物にも引っ越しの手伝いなどにも幅広いシーンに対応した優れものの車です。

 

現行モデルのbBはトヨタ・パッソならびにダイハツ・ブーンをベースとしており初代よりも小型化、さらに奇抜なデザインになったこともあり、初代bBは未だに中古市場で人気の高い一台となっています。

関連記事

  1. コンパクトカー

    トヨタアクアの燃費を実感してください

    トヨタのエスティマに8年近く乗っていましたが今年の8月に同じト…

  2. コンパクトカー

    フィットの特徴はなんといってもトップクラスの燃費です

    コンパクトカーの代表車のホンダフィット、親しみやすいデザインで…

  3. セダン

    マークXはスポーツカーの雰囲気を持ったセダン

    トヨタマークXはトヨタマークⅡの後継車種として登場した高級セダ…

  4. コンパクトカー

    フィットは中古車市場でも人気、下取り価格も良い

    「ホンダフィット」は日本で代表するコンパクトハッチバック現行形…

  5. トヨタ

    エスティマは大人数で長距離移動をこなすミニバン機能を重視

    トヨタエスティマは「天才タマゴ」というキャッチコピーで初代モデ…

  6. コンパクトカー

    ホンダの技術と経験が詰まったフィットの魅力

    世の中には車好きという人が一定程度存在します。若者の車…

PAGE TOP