コンパクトカー

日本の道路事情にとってコンパクトカーが最適なワケ

ヴィッツ

コンパクトカーは、いま日本で最も多く流通している車といえるのではないでしょうか?

コンパクトカーには、様々なメリットがあります。

まず、コンパクトなサイズで運転しやすいということが挙げられます。

 

日本にはコンパクトカーが一番使い勝手がいい!

日本の狭い路地などを通るには、やはりコンパクトカーが便利だと思います。

3ナンバーの車は、どうしても運転しているとぶつけたり、こすったりすることが多くなってしまうと思います。

また、小回りがきいて取り回しがいいというのもメリットだと思います。あまり運転が上手でないという人には、うってつけの車であると思います。

 

コンパクトカーのいいところは、燃費が良いということだと思います。

現在、ほとんどのコンパクトカーが、カタログ上はリッター20キロ以上の燃費になっています。

ハイブリッドカーであれば、さらに良い燃費になっています。

ガソリン代が高騰している昨今、ガソリン代もかからなくてすむため、お金が浮いて助かることが多いと思います。

また、小排気量のコンパクトカーは、税金がやすいという点でも、お財布に優しい車といえるのではないでしょうか?

 

次に、最近のコンパクトカーのすごい点として、居住空間が広いということが挙げられます。

特に、ホンダのフィットなどは、コンパクトカーとは思えない空間の広さを確保していると思います。

後部座席もかなりゆとりがあるので、ファミリーカーとしても使えるのではないかと思います。

 

コンパクトカーは初期投資が少なくて済むことも良い所だと思います。

新車であっても、100万円台で買うことができると思います。余ったお金で車のドレスアップなどに使用すれば、より個性的な車ができるのではないかと重います。

コンパクトカーでメジャーなのは、トヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、マツダのデミオ、日産のマーチ、ノートあたりでしょう。各社ともとてもそれぞれ特徴があり、その人の好みで選ぶことができます。

コンパクトカーというジャンルは昔からあったのですが、やはりヴィッツやフィットが出てきたあたりから、かなり変わってきたと思います。

かつてはトヨタのカローラもコンパクトな感じでしたが、だんだん大型化してきました。

 

やはり近年の不景気による厳しい経済事情により、コンパクトカーの人気が上昇しているのではないかと思います。これからも、コンパクトカーは様々なメリットがあり、一定のニーズがあるため、売れ続けるのではないかと思います。

 

コンパクトカーに賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. コンパクトカー

    フィットはこの一台で全てが事足りるというお手本のような車

    ホンダのフィットは、都市部などを走り回る通常使用車としても活用…

  2. コンパクトカー

    ホンダフィットがオススメな理由

    ホンダフィットは2001年に「ロゴ」の後継車として登場したコン…

  3. ボディタイプ別の車レビュー

    軽自動車は税金やガソリン代、車検などが安いため維持費が楽

    一年前に普通車から軽自動車に買い換えました。買い換えた…

  4. コンパクトカー

    彼氏とドライブに行き車中泊を2人でしても充分使える広さ

    コンパクトカーに大学生から子育て中の今までずっと乗っています。…

  5. コンパクトカー

    日産キューブはコンパクトカーの中でも屈指の快適性

    日産キューブはその名前の通り「四角形」が特徴となっているコンパ…

  6. コンパクトカー

    コンパクトカーは今までの技術を結集した車

    コンパクトカーは、今までの車の技術を結集した日本独自の車かもし…

PAGE TOP