スズキ

まさに「走る」ためだけに生まれ変わったアルトワークス

アルトワークス

スズキの伝統の軽自動車、アルトに、遂に伝説のモデル「アルトワークス」が約15年ぶりに復活を果たしました。

2014年にフルモデルチェンジした8代目アルトをベースに開発され、現代に装いも新たに生まれ変わった新型アルトワークスは、かつての規格よりも大型化した現在の軽自動車規格にあって異例の軽量化を果たしており、ノーマルモデルですらもライバルの軽自動車よりも軽快な走りを実現させています。

シンプルながらも精悍で奥に熱い闘争心を隠し持ったアルトワークスは、ボディカラーのラインナップに伝統のパールホワイトをはじめ、シルバー・ブラック・レッドの計4色が用意されています。

足元には精悍なブラックメッキを施した15インチの専用アルミホイールを履いています。

 

軽自動車の次元を超えた!

余分な贅肉を極限までそぎ落とし、まさに「走る」ためだけに生まれ変わったアルトワークスは、エンジンに660ccのツインカムターボエンジンを採用、さらにワークス専用にチューニングを施しており、軽自動車の次元を超えたアグレッシブな走りを実現しています。

トランスミッションは、「操る愉しさ」を目指して新開発された専用の5速マニュアルトランスミッションをメインにしています。

この5速マニュアルは、ショートストローク化による軽快な操作感とギアのクロスレシオ化による絶妙なギヤ比率、クラッチの踏み心地にまで徹底的にこだわり、運転する楽しさを極限まで追求しています。

 

アルトワークスには、この5速マニュアルの他にも、オートマチック限定免許した持たない人のために、スズキ独自開発のセミオートマチック「AGS」をワークス仕様にチューニングして搭載しています。

通常のオートマチック走行の他にも、ステアリングのパドルシフトを使ったマニュアルモードでの走りが可能です。

駆動方式は通常のFFの他にも、路面状況に応じた最適な走りを実現し、高いグリップ力を誇る専用4WDシステムも用意されています。

 

車内インテリアは精悍なブラックを基調とした、無駄を徹底的に省いたシンプルなデザインです。

スピードメーターはスピーディーなホワイトメーターを搭載、ペダルはシルバーメッキが施されています。

シートはワークスのために専用開発されたレカロシートが装備されており、スポーティーな走りに最適なホールド力でドライバーをサポートします。

ホワイトメーターはターボの過給圧に合わせて色が白から赤に変化する「ブーストインジケーター」を装備しており、熱い走りを派手に彩ります。

 

アルトワークスに賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. SUV

    トヨタハリアーは高級SUVというジャンルを開拓したクルマ

    トヨタハリアーは高級サルーンの乗り心地を備えたクロスオーバーS…

  2. ボディタイプ別の車レビュー

    とにかく軽自動車のメリットとして一番大きいのは燃費

    軽自動車は、乗りやすく維持費も普通自動車と比べ安いことから、世代や性別…

  3. ダイハツ

    ウェイクは日常からレジャーまで多くの用途に対応可能な軽

    ダイハツ ウェイクは日常からレジャーまで多くの用途に対応可能な…

  4. セダン

    日本人にとっての憧れとなる高級車像を追求したクラウン

    トヨタクラウンは1955年1月に初代モデルが販売されて以来、日…

  5. ホンダ

    ステップワゴンは家族レジャーに向いているミニバン

    ホンダはファミリー向けの車が多いのですが中でもおすすめなのはボ…

  6. ダイハツ

    ダイハツムーヴは老若男女問わず愛用されている車です

    ダイハツムーヴはスッキリしたデザインで、男性・女性・ファミリー…

PAGE TOP