車売却の基礎知識

走行距離が少ない内に車を買い替えるのもポイント

アルファード

見た目の次に大事なのが走行距離

高く売れる車にはいろいろな条件があるといわれています。

まずはやはり車体がきれいなこと、車は見た目が大事ですからね。見た目を気にする人も多いので車がきれいな方が高値が付くと言われています。

そして、次に大事なことが走行距離です。

走行距離が十万キロを超えているとあまり高値で売れないといわれています。走行距離がいっているとどうして高値がつかないのでしょうか?

走行距離が費用と関係しているのは何かというと、車は新車で購入した時はもちろん走っていない状態になります。しかし、機械なので時間が経つと少しずつ古くなっていくとともに、走り続けていると中の部品もだんだん消耗されていくのです。

 

車は2年に一度は車検を受けなければなりません。

車検を受けているといって走行性能は全然大丈夫ということではありません。車検はあくまで「その時点の車の状態」を検査することになりますのですべてを真っ新にするということではありません。

走行距離が短い車の方が部品も消耗も少ないという認識があるので高く売れるのです。

しかし、新しいうちは高く売れたとしても長く乗り続けていく人が多いので、やはり走行距離は重ねて何万キロとなっていくと思います。

走行距離だけですべてではありませんが、もし新しい車が欲しくなるのが早く、買い替えるサイクルが短い人なら走行距離が少ないうちに査定をして値段を確認しておくといいですね。

関連記事

  1. 車売却の基礎知識

    中古車査定士っていう人がいるんです

    最近は中古車を買い取る業者を中心としてスタッフに中古車査定士が…

  2. 車売却の基礎知識

    愛車の相場を知っておくことは必要最低限です

    事前に中古車査定を受けておいて相場を知ると有利車の取引売買にお…

  3. 車売却の基礎知識

    高く売るには車の使い方が大きなポイント

    車の売却金額に関わる要素は、色々とあります。そして人々…

  4. 車売却の基礎知識

    車の買取価格にリサイクル料は含まれているか要確認

    車を買い取ってもらう時に、トラブルが起きることがあるようです。…

  5. 車売却の基礎知識

    修理した車、事故車は廃車にするしかないの?売れるの?

    事故車というのは、事故を起こした、または巻き込まれた車のことを…

  6. 車売却の基礎知識

    新車、中古車ではなく、新古車というのもあります

    車を購入される人は新車か中古車で購入される人が多いと思います。…

PAGE TOP