車売却の基礎知識

車の査定額を決める主な要素とは?

メンテナンス

年式と車査定の関係

車査定サイトなどを利用する場合に必ずと言っていいほど入力する要素の一つに年式がありますが、年式は車が生まれた製造年のことであり、年式を知ることによって製造されてからの年月を知ることができるようになっています。

車も人間と同じで年を取ることによって機能性が低下してしまいますが、機能が低下することによって故障などが増えるリスクが増えるため、年式が新しい車に比べると年式が古い車の方が一般的に価値は低くなっています。

また、年式が車査定に与える要素として売ろうとしている車の年式が過去五年以内にできたものであれば、一年でも年式が変わることによってかなり査定額は変わることになります。

年式がどれくらい査定額に影響するのかというのは一括査定サイトなどを利用することによっても知ることができますが、輸入車などになってくると古い型式の車の方が高い価値の場合もあるので、年式が古い車であっても思ったより高く売ることができる場合もあります。

 

いろいろな方法で車売却をすることができるようになっているので、最適な売り方を考えることをおすすめしますが、もっとも高値で売ることができる方法としては個人的に売る方法がベストな方法ではあります。

ただし、個人売買の場合は取引にトラブルが多く発生するリスクがあることから、これまでにあまり取引をしたことが無い人は注意する必要もありますが、仲介してくれる業者がいるオークションサイトなどもあるので検討してみるのもよいかもしれません。

 

走行距離と車査定の関係

車査定を受ける際に一括査定を受けることによって高値で売却することができますが、これは複数の業者を比較してもっとも高値売却を提示したところに対して売却をすることができるからで、現代においては車を売る際の方法としてもっとも多い手段の一つにもなっています。

同じ車種で年式であっても車査定を受けると提示される金額はかなり違っていることがありますが、買い取り金額に差が出てくるのは走行距離の違いである場合が多く、年式から考えて走行距離が極端に多い車は過走車と言われていて、車査定額を下げる要因の一つになっています。

ただし、走行距離が査定額に影響するのは車種によってもかなり変わり、商用車やトラックなどは自家用車と比較した場合に走る距離が多くなるのが普通なので、多少走行距離が長くてもあまり価値は下がらないのが一般的です。

 

一方で、自家用車になってくると走行距離との関係性が高くなっていて走行距離が10万kmを超えてくると価値は一気に下がる傾向にあり、さら20万kmを超えてくると買い取り自体が難しくなってきます。

ただし、走行性能が残っている限りは売れる可能性が残っているため、車査定を利用して売ることができるかどうかチェックすることをおすすめします。

いろいろな方法を用いて車は売ることができるようになっていますが、高く売りたい場合に走行距離が多くて査定額が少なくなる場合はインターネットオークションなどを使って個人売却するのもおすすめになります。

 

車内の環境が良い場合

所有している車を売却する際に少しでも高値売却を目指すのであれば、車査定サイトなどの利用をおすすめしますが、実際に見てもらう時間があまり無いという場合はインターネット上にある一括車査定サイトを利用する方法もあります。

この方法だと複数の業者に比較してもらうことができるので、より高く売ることができるところを選定することができますが、車査定の時間についても早くて数分以内で可能になっているところもあります。

 

ちなみに車査定の金額というのはさまざまな要素が関係して提示されるようになっていますが、車内の環境というのも要素の一つとしてあり、特にタバコの臭いやペットの臭いなどについては査定額を大幅にマイナスにする要素にもなっています。

そのため、出来る限りタバコやペットの臭いは事前に除去している方が高く売れる可能性はそれだけ高くなりますが、除臭や除菌加工などは数千円からも受けることができます。

ただし、除臭や除菌加工をしたからといって必ずしも完全に臭いが除去されるというわけではないので査定額にプラスになるとは限らないという点に注意が必要です。

また、新しい車の場合は内装の状態が査定額にかなり影響することはありますが、かなり古くなっている車になってくるとあまり影響しないこともあります。

ちなみに車内の臭いなどが原因となって買い取りしてくれないところがあるケースはありますが、その場合でも個人売却であれば売れることもあります。

 

純正品を用意して車査定額アップ

乗っている車を売却しようと検討している場合に少しでも高値で売却したいと考える場合は車一括査定サイトを利用して高値提示するところに売るという方法がありますが、複数の業者から査定を受けることができるので高値で提示したところに売ることで高値売却が可能になります。

車一括査定サイトにはいろいろな種類がありますが、それぞれのサイトによって登録している業者は異なっているので、この業者を候補に車査定を受けたいという業者がいる場合はその業者が登録しているところを選ぶようにしましょう。

 

少しでも高値売却がしたい場合に業者選びはもちろん大切なポイントの一つにもなっていますが、純正品が残っている場合はそれを用意することでも高く売ることができる場合もあります。

特にカーナビやオーディオ回りなどは古くても純正品の価値が高くなるケースが多くなっていますが、新しい車を購入する予定がある場合は既存のカーナビなどを取り外して新しい車に装着して、純正品を売却する側に装着するという方法もあり、新しい車に対してかかるコストも低減させることができます。

純正品は装着されている状態の方が高く売りやすくはなっていますが、業者に頼んで付け替えてもらうと工賃が余計にかかってしまうので、純正品は別で渡すという方法を取ったのでも問題ありません。

古い車になってくるとあまり純正品の有無は査定額に影響してこなくなるので、わざわざ手間をかける必要は無くなってきます。

 

装備品をかしこく売る

所有している車を売却する際に少しでも高く売る方法としては一括車査定を受けてそこで高値提示される業者に対して売却するという方法がありますが、一括査定を受けることのメリットは直接的に高く買い取りをすると明示したところと取引をすることができるという点です。

通常は買い取り業者によって同じ車でも買い取り金額は異なっている場合がほとんどなので、その点を考えても複数の業者から査定を受けるメリットは高くなっていますが、実査定とインターネットでの査定額は異なるという点に注意しなければなりません。

 

また、乗っていた車に装備品をたくさん装着させている場合に中にはプラス査定になるものがあってもそこまで多くは反映されないので、少しでも高値売却がしたいと考えているのであれば装備品は個別売却するという方法を取ることもできます。

個別売却をする方法としてはインターネットオークションを使った方法や他にも中古パーツ専門店に対して売却するという方法もありますが、中古であるため相対的な価値というのは分かりづらい点もあるので、売ろうとしている装備品がどれくらいの金額で中古販売されているかということを調べておくと指標にすることができるかもしれません。

また、装備品を外す際に自分で外すことができない場合は工賃をかけて取り外してもらうことになりますが、その際にかかる工賃の金額によっては装備品を個別で売却するメリットがあまり無いかもしれません。

関連記事

  1. 車売却の基礎知識

    手間が掛からず、後悔することなく車を売る手順を解説します

    いざ自分の愛車を売却しようとしたとき、そこにはいろいろな方法が…

  2. 車売却の基礎知識

    気をつけておきたい車の査定金額が下がるケースまとめ

    モデルチェンジしている車は査定額が下がります同じ車種でも年式に…

  3. 車売却の基礎知識

    車の買い替え時期の見極めが重要です

    車をローンで購入する方も多く、ローンを支払った後は月々の支払い…

  4. 車売却の基礎知識

    廃車にするとしても必ず金が発生するというわけではない

    所有している車が不要になってしまった場合に買い取り業者に買い取…

  5. 車売却の基礎知識

    新しい車がほしいと思った時は予算決めと資金集めから

    広告やCMなどで車を見ていると、ついつい新しい車がほしくなるな…

  6. 車売却の基礎知識

    車の買取価格にリサイクル料は含まれているか要確認

    車を買い取ってもらう時に、トラブルが起きることがあるようです。…

PAGE TOP