車売却の基礎知識

車検を通すか?車を買い替えるか?ポイントを整理しました

メンテナンス

車を高く売るタイミング

車を売りたい時には、出来るだけ高く売りたいし、持っている車の費用が掛からない内に売るのがベストだといえます。

車の費用が掛かるので一番ウエイトを占めるのが、車検だと思います。

車検は、新車で購入した場合には3年に一回、それ以外は2年に一回通さないといけないので、その車検の費用が掛かる前の時期に売ると良いでしょう。

 

出来るだけ高く売る場合の年数は、3年以内、その次は5年以内が良いと言われます。

新車なら乗っている年数が短いほど、高く売れます。

それ以外は、車の年式が最短なほど高く売れます。

 

走行距離もある程度査定されますが、新車の場合は乗っている年数や、それ以外は車の年式の方が査定に響くのです。

それは技術が進歩しているので、車は新しければ新しいほど、性能が良かったり、良い部品や良い機能を備えた車であるからでしょう。

車を売る理由は色々ありますが、大半が新しい車が欲しいから今の車が不要で売る人が多いと思います。

 

それ以外は、10万キロなど多く走って乗り潰すまで乗って後は廃車するか、まだ乗れる車なら売る人も要るっといった感じだと思います。

新しい車を買う場合には、車を売ると言うよりも下取りで引き取ってもらう感覚なのですが、その下取りのお金を新しい車の購入の費用に充てれるので出来るだけ、高く買って貰えたらと願う人がほとんどです。

 

査定ポイント

それで、車を売る時期は新車を購入する時期に重なる事でしょうが、出来れば、ディラーで下取りするよりも、中古車販売店などに、見積もりして貰ったら、中古車で売るほうが得な場合があるようです。

車の年式、走行距離や、ボディの色などが買い手がいるか、欲しいと言う人がいるか、人気車種かなどで査定されます。

 

細かい事では、傷、内装の汚れ、エンジンの状態、オプションや付属品の装備、ナビつきなどが良くても余り変わりません。

まず、車の本体がどのメーカーか、どの色かなど、車の存在価値から売れる場合が多いでしょう。だから、まず、幾らくらいで売れる車なのかを、査定して貰うと良いと思います。

 

車を買う人は、休日などのゆっくりした時間に車を選びに来ます。

だから売るのは、ゴールデンウィークとか長い休みの前の方が売れるようで高く買ってくれる可能性もあるようです。

下取りはあまり高く買ってもらえないから、中古車販売で売ろうと言うのが基本でありますが、しかし逆にその車本体が余りにも価値の低いものならば、買い手がいない状態になり、中古車販売の方が低い金額になる場合もあります。

 

車一括査定サービスで最も条件の良い業者を探す

ネット

車は、移動手段として利用されるだけでなく、ファッションやプライベート空間の一部として人々に愛用されるケースが多々あります。

自動車メーカーは、毎シーズン新しいモデルを発表しており、モーターショーなどでは最新モデルからコンセプトカーまで多彩な車を公開し、消費者の注目を浴びています。

ドライバーが今まで乗っていた車が時代と共に機能面で時代遅れになっていく事はよくある事です。

 

近年では、低燃費性能を追求したり、静かに発進する事が出来るエンジンが搭載されていたりというように、環境や住宅事情に考慮した車が数多く販売されています。

一方で、メーカーでは、基本モデルに高級パーツを装備したスペシャル仕様の車も販売していますので、ドライバーにとっては魅力的な車が購入出来る環境にあります。

 

これらの車を出来るだけ安く購入したい場合、今乗っている車を買取や下取りで高く売却するといった方法が考えられます。

車買取サービスを利用する場合、車一括査定サービスや中古車販売店が行っている車買取サービスを利用する方法がありますので、ドライバーは最も高く売れる手段を選択すると良いでしょう。

車の売却では、高く買い取ってくれる業者を探す事が重要になってきます。

 

車一括査定サービスでは、複数の中古車買取業者に一括で査定を依頼する事が出来たり、現在の車の価値を知る為に中古車市場における価格変動を確認する事が可能です。

同じ車でも、業者によって査定価格が異なり、査定ポイントも変わってきますので、最終的な買取価格が変わってくる事が多々あります。

ドライバーは、出来るだけ高値で車を売却したいと考えていますので、車一括査定サービスを使って、最も条件の良い業者を探すのが良いでしょう。

 

査定チェックポイント

査定においてチェックされるポイントとしては、車に傷があるかどうか、汚れが酷いかどうか、標準オプションが全て揃っているかどうか、エンジンなど車として動作させるのに重要なパーツが正常に動作するのかどうかという事です。

これらのポイントが業者の基準を満たしていない場合、減額され、最終的な買取価格が下がってしまいますので注意が必要です。

 

メーカー推奨のオプション以外のパーツを使っている場合、特にドレスアップパーツを装備している場合には減額されやすいですので、元の車の姿に戻しておくと良いでしょう。

一方で、スペシャル仕様車に搭載されているようなメーカー推奨のパーツが搭載されている場合には増額される可能性がありますので、業者にその諭旨を申し出て、どのように評価されるのかを確認しておくと、より高く買い取ってもらえる可能性が広がります。

 

車を高く売るために日々心がけていること

洗車

自動車をなるべく高く売却できるように、中古屋さんや車屋さんに聞いたことなどを元に、日々心がけていることがあります。

 

まず一つ目は、車内では絶対にタバコを吸わないことです。

吸っている人は気づかないかもしれませんが、シートや、車内の壁に匂いがしっかりついてしまいます。

匂いがついてしまうと、売却した時にクリーニングで匂いを落とすなどの余分な費用がかかってしまうので、値段が下がってしまいます。

旦那さんがタバコを吸うので、車内には絶対に灰皿類はおかないです。

 

小さい子どももいるので遠出の時は、パーキングなどの休憩場所で吸ってもらうように約束してあります。

 

二つ目は、オイル交換をこまめに行うことです。

オイル交換は、少し忙しいと忘れがちになって、指定の距離を越してしまうことが多々あります。

でもそれは、エンジンに負担がかかっているのです。

 

オイル交換をこまめに行えば、エンジンは長生きします。売却する時も、プラスになります。売却に関係なく、車の乗れる寿命が長くなるということは大切な事です。

私も、オイル交換の際に貼られるステッカーを確認して、走行距離をこまめに確認しています。

 

三つ目は、冬が終わったら必ず、車の下部を洗浄することです。

冬は、凍結防止のために道路に沢山の塩素カルシウムがまかれます。

これは、付着したまま放置すると鉄を錆びさせてしまいます。

ボディーにつくと、白く汚れるので洗うのですが、車の底は見えないので見落としがちです。洗車機に入ったり、洗車場に行くと、下部洗浄という下から水が吹き上げられるところがあるので、必ず洗っています。

万が一さびてしまうと、交換がなかなか難しく、お金がかかってしまうので値段が落ちると言うことです。

 

四つ目は、新車で買った時の場合、最初からついているタイヤは大切に保管しておくことです。

自分が乗る時は、面倒ですが新品でも中古でも、別のタイヤに履き替えます。

そうすることで、売却する時に、その車のメーカーの新品タイヤとホイールをつけて売ることが出来ます。

ちょっとした一手間ですが、売却額を上げるポイントです。

また、保管の時も雨ざらしにしないなど、劣化しないように気をつけています。

 

五つ目は、売却する時は必ず一社だけでなく複数の中古買取店で査定してもらうことです。

一つに決めてしまっていると、値段はそれだけになってしまいます。

近場でいいので、最低2社で値段を比べて高い方を選びます。その時に、駆け引きできるともっと良いと思います。

以上の事を意識しています。

関連記事

  1. 車売却の基礎知識

    廃車にするとしても必ず金が発生するというわけではない

    所有している車が不要になってしまった場合に買い取り業者に買い取…

  2. 車売却の基礎知識

    迷わず中古車買取りに査定してもらうのが賢明です

    愛車を手放すことになったとき、やっぱり考えることはみな同じです…

  3. 車売却の基礎知識

    車買取業者に見てもらう前に考えるべきこと

    車査定してもらう時は細かくチェックされます車買取してもらう際、…

  4. 車売却の基礎知識

    修理歴車は売ることができるのか?

    中古車を購入した事がある人ならば必ずと言っていい程「事故車?」…

  5. 車売却の基礎知識

    インターネットの中古車査定で必須な2つのチェック項目

    所有している車を売却する際に多くの人は中古車査定などを受けてか…

  6. 車売却の基礎知識

    中古車市場は拡大しています!

    中古車市場は昔に比べるとかなり拡大していますが、背景には中古で…

PAGE TOP