ダイハツ

軽自動車ながらファミリーにもタントをおススメする理由

タント

ダイハツの軽自動車「タント」は、同社のベストセラーであるムーヴやスズキのワゴンRよりもさらに広い車内空間を実現して大ブレイクを果たし、軽自動車の高級化・スペース効率化を推し進めるきっかけとなった車種です。

現行モデルとなる3代目タントは2013年に登場、キープコンセプトながらもさらなる使い勝手の良さを追求しました。

 

タントの室内空間とは?

現行型タントには、歴代モデル同様にノーマル仕様とカスタムが用意されています。ファニーでファミリー向けなノーマルと、ワイルドでクールなカスタムという棲み分けです。

タントは、先代モデルより投入された、助手席側のピラーを取り除いたセンターピラーレス構造により、助手席ドアとリヤのスライドドアを開くと広大な開口部が出現する「ミラクルオープンドア」を引き続き採用しています。

自転車を積むことも長いカーペットなどの荷物も積み込めます。

 

さらに、助手席を前部に大きくスライドさせることにより、後部座席へのアクセスの良さが大いに向上し、大きな荷物や背の高い荷物も楽々積載できるようになりました。

助手席と後部座席の間に広大な空間を設けることにより、ベビーカーをそのまま積み込んだり、車内で小さな赤ちゃんのおもつを交換することもできます。

助手席には助手席シートバックレバーを搭載しており、運転席側からも助手席シートの操作が可能になっており、助手席に座っているお子さまが走行中に眠った場合でも、運転席からの操作でシートを倒して快適に寝かせることができます。

もちろんシートアレンジも豊富に揃えており、後部座席全てを折りたたむことにより広大なラゲッジルームが出現し、アウトドアレジャーなどの用具をフルに詰め込んで遊びに行くことができます。

タントは出来るだけ死角を減らし安全に視界を確保できる構造になっています。

 

ボンネットは見切りのよい構造になっており、助手席側のドラミラーの下部には小さなサイドアンダーミラーを設けて小さな子供などの巻き込みを防ぎます。

リヤにはリヤアンダーミラーを設け、バック時の視界を確保、駐車も楽になりました。

窓ガラスには紫外線を強力に防ぐUVカットガラスを採用、格納式のリヤドアサンシェードにより後部座席への強い直射日光を防ぎ軽減します。

 

エアコンはスーパークリーンエアフィルターを採用し、PM2.5などの微小な粉塵もきちんとキャッチします。

ディーラーオプションで後部座席用に吊り下げ式の大型ディスプレイも用意されており、ロングドライブにもお子さまが退屈しないよう配慮されています。

 

タントに賢く買い替える方法とは?

まずは今の愛車を高く売却することを考えましょう!

今乗っている愛車は下取りではなく、車一括査定サービスを利用して高額買取してくれる業者を探しましょう。統計によれば、下取りより買取業者の方が平均16万円も高く買ってもらえたという結果が出ています。

少しでも高く車を買い取ってもらうことで次の車の資金にもなりますし、オプションを追加することもできます。

おすすめの一括査定サービスはズバットで、何と言っても無料で10社から同時査定を受けることができるのは魅力です。

愛車の売却金額を査定するのはこちらから >>

 

次に中古車情報を集め始めましょう!

ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。

欲しいクルマの中古車情報を収集するのはこちらから >>

関連記事

  1. ミニバン

    エルグランドで大切なゲストをおもてなし

    日産エルグランドは最上級クラスのミニバンとして販売されているク…

  2. SUV

    日産エクストレイル、大事な相棒として長く乗っていきたい車

    日産エクストレイルT32人気カラーはダイヤモンドブラック、ホワ…

  3. スズキ

    スズキのワゴンRを軽自動車の中でも一番おすすめしたい理由

    近年では日本の軽自動車は進化し続けています。外国でも日…

  4. コンパクトカー

    キューブ・アクシスは大人の落ち着きと上品さを追求したプレミアムモデル

    日産のコンパクトカー「キューブ」は、現行型は2008年に登場し…

  5. SUV

    エクストレイルは使い勝手は抜群で総合力は非常に高い車

    近年のSUV人気に一役買ったと言っても過言ではない日産エクスト…

  6. コンパクトカー

    ノートの特徴は高い燃費性能と広大な室内空間

    日産ノートは日本以外にもヨーロッパや北米で販売が行われている日…

PAGE TOP