BMW

BMW3シリーズは比較的コンパクトで日本でも扱いやすい

3シリーズ

BMW3シリーズはBMWの看板車種で、日本でももっともたくさん販売されていているモデルです。

セダンの割には比較的コンパクトで日本でも扱いやすいのが特徴で、BMW3シリーズにずっと乗り継いでいる人もたくさんいます。

3シリーズのライバルはメルセデスベンツ・Cクラスやアウディ・A4、レクサスISなどですが、3シリーズの特徴はハンドリングが軽快でスポーティな味付けになっているのが特徴です。

 

CクラスやA4は安定志向な車で、ドイツのアウトバーンをハイスピードで安全に走行できることが特徴ですが、ISや3シリーズはスポーティでドライブを楽しむために乗っている人が多いのが特徴です。

3シリーズは直4・2リッターターボエンジンと同じ2リッターのディーゼルエンジンが以前からラインナップされていました。そしてガソリンモデルには6速MTモデルや4WDモデルもあるのが特徴です。

 

最近はどこのメーカーもエンジンの排気量を小さくしてターボで加給するダウンサイジングエンジンに力を入れていて、自然吸気エンジンは少なくなっています。BMWも同じで、旧型までは4気筒エンジンのほか直6エンジンもラインナップされていました。

この直6エンジンはとてもスムーズで滑らかに回転するのが特徴でした。

エンジン音も気持ちよくついつい速度が上がってしまうような車でしたが、こうした直6エンジンや自然吸気エンジンは今はなくなってしまい残念です。しかし昨年のマイナーチェンジで直6ターボエンジンが追加されました。

価格は800万円弱と結構高価ですが、直6エンジンがほしいという人にはオススメのモデルです。

 

BMWのディーゼルエンジン

また高速道路などを頻繁に走行する人にはディーゼルエンジンがオススメです。

BMWはスポーティなイメージなのでディーゼルに抵抗がある人も多いと思いますが、BMWは昔からディーゼルエンジンを積極的に開発している会社で、ヨーロッパでは信頼性が高いメーカーとして知られています。

ディーゼルエンジンは低回転からトルクが出ますが、高回転までは回らず運転していてあまり楽しくないといわれています。

しかしBMWのディーゼルエンジンは比較的高回転まで回るタイプのエンジンです。

このためガソリンエンジンとフィーリングはそんなに変わらないのが特徴です。

アイドリング時にはディーゼルエンジン特有のガラガラ音がしますが、走り出してしまえばガソリンエンジンと変わらず、とても運転しやすくそのうえ燃費も良いのでオススメです。

関連記事

  1. セダン

    セダンDセグメントは最も扱いやすいサイズで価格も手ごろ

    車にはいろいろな種類がありますが、もっともオーソドックスなのがセダンで…

  2. セダン

    フェアレディZは日本を代表するスポーツカーの1台

    日産 フェアレディZは1969年にオープンカーのフェアレディに…

  3. セダン

    走る楽しさを求められる方にアテンザはお勧め

    マツダ アテンザはカペラの実質的な後継車として2002年に発売…

  4. セダン

    プリウスはトヨタの最新技術を惜しみなく投入した環境対策の象徴

    トヨタプリウスは世界で初めて量産化に成功したハイブリッド専用車…

  5. セダン

    クラウンにはセダンの魅力がぎっちり詰まっています

    セダンの魅力について3つほど挙げてみます。1つ目は、安全性です…

  6. セダン

    セダンの高速域までの安定感ときしみのない剛性感に魅了

    独身時代を含め、オープン・クーペ・ステーションワゴン・セダンと乗り継い…

PAGE TOP